グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


分べん成育先端医療センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 分べん成育先端医療センター

分べん成育先端医療センターは産科部門と新生児部門から成り立っています。医師、助産師、看護師、薬剤師、臨床心理士、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカーなどが一丸となり、妊娠前の御家族、大切な赤ちゃん、そしてその御家族が安心して治療を受けることができるように、途切れることなくサポートをする体制を整えています。

ページ内目次


産科部門

「分べん部門」では“安全なお産”と新生児部門(NICU)と連携した早産児の“後障害無き生存”を目標とした“総合周産期母子医療センター”として、周産期医療に携わっています。
胎児期における出生前診断を目的とした妊婦さんに対して、出生前及び出生後に必要とする治療に可及的速やかに対応出来るよう、NICU、小児外科、心臓血管外科や泌尿器科と連携して治療にあたっています。
また愛知県下のみならず全国から流死産を繰り返す不育症患者さんが当院に紹介されています。当院不育不妊センターや不育症研究センターと協力し診療にあたっております。不育症の妊婦さんは重症自己免疫疾患を合併している場合が多く、妊娠中及び分娩時の治療に関して内分泌・膠原病内科と連携し治療を計画・実施することが重要です。
更に精神疾患合併妊婦に関しても、こころの医療センターの入院管理下で分娩に対応することが可能で、近年紹介・搬送数は増加傾向にあります。
これらの特徴的なケースに関して東海医療圏の総合及び地域周産期母子医療センター連携し合い、円滑かつ積極的な搬送や受け入れに広く対応できるように努めております。

新生児部門

分べん成育先端医療センター新生児部門は1950年代に大学病院としては初の新生児専門病室として開設され、早産児の新生児呼吸窮迫症候群に対する人工肺サーファクタント補充療法、呼吸障害に対する経鼻的持続陽圧呼吸療法、新生児遷延性肺高血圧症に対する一酸化窒素(NO)吸入療法などの先駆的な医療を積極的に導入してきました。以来、わが国の新生児医療のパイオニア的存在として診療・教育・研究活動を行っています。
当センターではハイリスク妊娠に対して、産科・小児科だけでなく、数多くの診療科の協力のもとに、胎児期から、妊娠・分べん・新生児管理に至るまで、より高度で専門的な医療を提供できる診療体制を整えています。また看護部門ではカンガルーケア、ディベロップメンタルケアなどの赤ちゃんに優しい治療・療育を全国に先駆けて導入すると共に、周産期専任の臨床心理士を配置しており、ハイリスク児を取り巻くご家族のケアに出産前から力をいれています。研究面では、新生児医療の最大の目的のひとつである新生児の脳性麻痺に対する治療法(中枢神経系の再生医療)に取り組んでいます。
また、新生児蘇生法普及事業における東海地区唯一のトレーニングサイトとして、分娩に関わる医師、看護師、助産師だけでなく医学生、看護学生、救急救命士等を対象とした新生児蘇生法講習会を定期的に開催しております。