グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


輸血部



当院輸血部は、中央部門のひとつとして機能しており、日本輸血・細胞治療学会から認定された医師・臨床検査技師が勤務している輸血認定施設です。輸血業務を行なうにあたり、「安全性」、「正確性」、「緊急性」を心がけています。
具体的に輸血部とは、何をするところかご存知でしょうか?漠然としている方が多いと思います。特にここ最近、新聞や情報番組等で『クロスマッチ』、『輸血後感染症』、『自己血』などと専門用語をよく耳にします。そこで、簡単に当院輸血部の仕事についてお伝えしようと思います。

当院で行っている輸血検査

血液型検査

血液成分中の血球と血漿を別々に検査材料として用いた検査で、両側面の結果に基づいて血液型の判定をしています。また、当院では輸血が実施されるまでに必ず血液型検査を2回行っています。これは、採血間違い等による輸血事故を防ぐ為です。

不規則抗体スクリーニング

患者さんにABO血液型以外で反応する要素(抗体)がないかを調べる検査です。 最近は、地域連携病院から紹介された患者さんの詳細な検査を必要とするケースが増えています。

交差適合試験(通称クロスマッチ)

実際に輸血する赤血球製剤と患者さんの血液を反応させて輸血しても問題がないかを確かめる検査です。

輸血用血液製剤の管理

日本赤十字血液センターより取り寄せた血液製剤(RBC:赤血球製剤、FFP:新鮮凍結血漿、PC:血小板製剤 )の適切な保存管理と、誰にどの血液製剤をどれだけ輸血され副作用は起きていないかどうかまでの総合管理を行なっています。

その他

  • 臨床工学士・医師により院内採取されたPBSC(末梢血幹細胞:様々な種類の血液成分の元になる細胞。白血病等の治療に使用されます。)の保存管理を行っています。
  • 自己血輸血を推奨し、輸血部において自己血を採取し、管理をしています。採取した自己血は貯めておき、手術で出血した際に輸血します。自己血は患者さんご自身の血液ですので、輸血に伴う感染症(輸血後肝炎etc.)等のリスクを回避する事ができます。
  • 当院では、輸血による感染症発生の有無について詳細な管理をしています。我が国の血液製剤は世界一安全と言われていますが、他人の血液であるため、現代の医療水準でも100%の安全確保は出来ません。
  • 患者さん一人一人が、新聞や医療講演会等のメディアや地域活動で、輸血への興味を持って頂ければ幸いです。