グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


無痛分娩センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 無痛分娩センター

無痛分娩センターでは、総合周産期母子医療センターの医師・助産師の協力のもと、産科麻酔を専門とする麻酔科医が中心になって「硬膜外分娩(いわゆる無痛分娩)」を提供させていただきます。ご希望の方は、産婦人科にてご相談ください。

無痛分娩センターが行う「硬膜外分娩」とは?

当院では、お産に伴う痛みが心配な方に対して硬膜外麻酔を用いた硬膜外分娩(いわゆる無痛分娩)を提供しています。硬膜外分娩では、硬膜外麻酔という背中からの注射による下半身麻酔でお産の痛みを和らげます。この方法は海外では最も一般的な産痛緩和の方法で、「硬膜外」を意味する「エピデュラル」は世界中の妊婦さんの共通語になっています。わが国で一般にいわれている「無痛分娩」と同じ方法ですが、全くの無感覚(無痛)になるわけではないので、当院では「硬膜外分娩」と呼んでいます。

「硬膜外分娩」のメリットについて

硬膜外分娩によりリラックスして出産することで、母児に良い効果が期待できます。健康な産婦さんであっても、痛みによる過呼吸を抑えることや、ストレスホルモンによる胎盤の血流悪化を抑えることは、硬膜外分娩のメリットといえるでしょう。
特に、出産のストレスを軽減する必要のある持病(一部の心臓や血管の病気など)をお持ちの方にはメリットがあると考えられます。ただし、持病の種類や程度によっては硬膜外分娩を行うことが難しい場合や、病状を悪化させる場合もあります。



「硬膜外分娩」の方法について

産痛が強くなったら、麻酔科医が背中に硬膜外麻酔に使用するチューブ(硬膜外カテーテル)を入れる注射を行います。
その後、麻酔科医が硬膜外カテーテルから麻酔薬を入れて産痛を和らげます。麻酔の効果を早めて効果を安定化するため、脊髄くも膜下麻酔(脊麻)を追加することもあります。
麻酔の効果が安定化した後は、機械(PCAポンプ)を使ってお産が終わるまで麻酔薬の注入を続けます。PCAポンプで麻酔薬を注入している間は、麻酔科医がポンプの注入量を適宜調整します。またPCAポンプには薬剤注入ボタンがついており、産婦さんが自分で麻酔薬を追加注入することもできます。

当院での「硬膜外分娩」の制限

当面は、計画出産(日を決めて陣痛を起こす出産)のみに対応します。計画出産では本格的な陣痛が来るまでに数日かかることもあります。計画出産の方法や危険性は産婦人科医よりご説明します。また、計画出産の前や自然に陣痛が始まった場合、硬膜外分娩をできないことがあります。
なお、背骨が変形している方、血液が固まりにくい疾患のある方、麻酔薬に対しアレルギーのある方など、一部の産婦さんは希望されても硬膜外分娩を受けていただけない場合もあります。

「硬膜外分娩」の安全性について

どのような医療行為でも100%安全ということはありません。一般に硬膜外分娩の安全性は高いと考えられていますが、麻酔による合併症が起こる可能性はゼロではありません。昨今、問題となっている無痛分娩の事故の多くは、麻酔科医がいない施設での無痛分娩です。当院の硬膜外分娩は、麻酔科医が責任をもって麻酔管理をさせていただきます。また硬膜外分娩を安全に行うため、産婦さんに守っていただくルールもございます。詳しくは無痛分娩外来を受診された際にご説明します。

「硬膜外分娩」が分娩経過に与える影響について

硬膜外分娩ではお産がゆっくり進行することが多いため、分娩時間が長くなることや、自然な陣痛で始めた硬膜外分娩でも途中から陣痛促進剤が必要になることがあります。また、赤ちゃんが出てくる最後にお手伝いをするため、吸引分娩や鉗子分娩が必要になる場合があります。吸引分娩や鉗子分娩の方法や危険性については産婦人科医よりご説明いたします。また、硬膜外分娩の途中から産婦さんが発熱する場合、採血などで熱の原因を調べることがあります。

「硬膜外分娩」が赤ちゃんに与える影響について

硬膜外分娩に使用する麻酔薬が赤ちゃんに直接の悪影響をおよぼす可能性はほとんどありません。しかし、麻酔合併症や産科合併症がおこって産婦さんが危険な状態となれば、赤ちゃんにも危険がおよぶことがあります。このような場合に備え、われわれは万全の準備を整えています。

「硬膜外分娩」の費用について

硬膜外分娩の費用については、一律145,000円をいただいております。この費用は、硬膜外麻酔の注射を開始した時点で発生します。麻酔時間の長さや麻酔の効果によりませんので、ご承知おきください。
なお、無痛分娩外来での診療・検査等については、別途費用が必要となります。

「無痛分娩外来」の受診について

硬膜外分娩を希望される方は、産婦人科外来にて、硬膜外分娩を希望する旨をお伝えください。妊娠後期に硬膜外分娩に必要な検査を済ませたあと、無痛分娩外来(麻酔科外来)を受診していただきます。硬膜外分娩の詳しい説明をさせていただき、硬膜外分娩を安全に行うことが可能か診察をさせていただきます。
無痛分娩外来は、当院産婦人科医からの紹介による完全予約制です。まずは当院産婦人科を受診してください。なお、硬膜外分娩の希望はいつでも取り下げることができますので、気軽に受診してください。