グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


内視鏡医療センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 内視鏡医療センター

内視鏡医療センターは、内視鏡検査・治療を必要とする患者を独立した部門として集中的に受け入れ、内視鏡機器を効率的に運用し患者サービス向上へ貢献することを目的としており、高度で安全な内視鏡手技を確立するとともに大学病院における研究・教育に資する内視鏡検査・治療についても十分な体制・時間を整備しています。

特徴

消化管の領域では早期食道癌、胃癌、大腸癌に対する内視鏡的治療、特に内視鏡的粘膜剥離術(ESD)などを積極的に施行、早期癌の診断には特殊光内視鏡観察(NBI、FICE)などの最先端機器による精度の高い診断を行なっています。小腸ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡による小腸疾患の診断および経鼻内視鏡による患者に負担の少ない内視鏡検査にも取り組んでいます。2015年10月に保険適用となった放射線化学療法後の再発食道癌に対する光線力学療法(Photodynamic therapy: PDT)も行っております。

肝臓の領域では食道静脈瘤に対する硬化療法、EVLが積極的に行われているばかりでなく、全国に先駆けてラジオ波による肝臓癌の治療を多数例施行してきた実績があります。

胆膵領域においては胆道膵疾患におけるERCP、IDUS(管腔内超音波内視鏡)と生検による精密診断、内視鏡的砕石術や胆道ドレナージを行っています。近年、超音波内視鏡を用いた穿刺吸引法(EUS-FNA)による質的診断、超音波内視鏡下胆道ドレナージ(EUS-BD)を積極的に行っています。術後腸管における胆道結石除去術や膵石症に対する内視鏡治療等が評価され、多数の施設からの紹介を受け入れています。

呼吸器領域では、蛍光気管支鏡を用いた内腔観察や気管支腔内超音波断層法を用いた生検、局所麻酔下胸腔鏡検査などを積極的に行っています。最近では成人重症喘息を対象とする新しい治療として承認された気管支温熱療法(気管支サーモプラスティ)を積極的に実施しています。