グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


高精度放射線治療センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 高精度放射線治療センター

センター長あいさつ

芝本 雄太

名古屋市立大学病院では、病巣部に正確に放射線を集中し正常臓器の被ばくを少なく抑えた高精度放射線治療を、2004年より施行して来ました。その後件数を重ねていき、成果を多くの学術論文として公表できるようになりました。それらの経験の積み重ねに加えて、放射線治療装置と関連機器を最新・最高のものに一新することができましたので、2018年より名市大病院放射線治療部門を「高精度放射線治療センター」として組織し、さらなる充実を図っていくこととしました。装置やスタッフについては以下にお示しする通りですが、国内のみならず世界的に見てもハイレベルの放射線治療が提供できる陣容と自負しております。放射線治療の進歩によって、様々ながんが手術なしで完治できるようになってきていますが、がん治療において放射線治療が用いられる割合が、欧米に比べて著しく低いのが日本の現状です。がんや他の腫瘍で悩まれる患者様におかれましては、是非一度受診されて放射線治療専門医のお話を聞くようにお勧めします。放射線治療を受けられる方々には、よりよい治療が提供できるようにスタッフ一同取り組んでいきたいと思います。

放射線治療について

放射線治療は、手術、化学療法(抗がん剤治療)と並ぶがんの3大治療法の1つとされています。手術と同様に、腫瘍に限局した治療ですが、手術のように臓器を取り除いたりすることはなく「切らずに治す」がん治療となります。

高精度放射線治療センターについて

高精度放射線治療とは、腫瘍に対してピンポイントに治療し、腫瘍周辺の正常組織への副作用を最小限に抑えることを目的とした放射線治療であり、強度変調放射線治療 (Intensity-Modulated Radiation Therapy: IMRT)や定位放射線治療 (Stereotactic Radiotherapy: SRT)と呼ばれる治療法があります。このような治療を提供するには高精度な放射線治療装置を有し、その装置を安全に操作・管理するスタッフが必要となります。
当院では2018年10月より高精度放射線治療センターを開設いたしました。高性能な放射線治療装置と高い専門性を持つスタッフにより強度変調放射線治療や定位放射線治療、画像誘導放射線治療 (Image-Guided Radiation Therapy: IGRT)などに積極的に取り組み、患者さんにより優しい、非侵襲的な放射線治療を高い質で安全に提供しています。

前立腺がんに対する強度変調放射線治療

肺がんに対する定位放射線治療

放射線治療システム

▻ 放射線治療装置
高精度放射線治療に特化した装置を積極的に導入しています。特に2017年10月より稼動した高精度放射線治療装置トモセラピー Radixact (Accuray)は強度変調放射線治療専用の治療装置であり、アジアで初めて導入いたしました。現在は3台の放射線治療装置を有しており、患者さんの病気に合わせた最適な治療装置・治療方法を選択しています。

Optima 580 W

▻ 放射線治療計画用CT
治療計画を立案するために必要なCTを撮影します。治療する部位によっては固定具の作成や呼吸を管理して撮影します。当院は2台の放射線治療計画用CT装置 Optima 580W (GE Health Care)を有しています。
▻ 放射線治療計画用MRI
当院ではMRI画像のみで放射線治療が立案可能となるMR装置 Ingenia MR RT sim (Philips)を、アジアで初めて導入いたしました (2016年)。この装置で撮像したMRCAT (Magnetic Resonance for Calculating ATtenuation)画像を用い、前立腺患者さんの放射線治療において臨床応用を始めています。

▻ ハイパーサーミア装置
熱で癌を治療するハイパーサーミア (がん温熱療法)にも取り組んでいます。

サーモトロン-RF8

放射線治療担当スタッフ

役職 氏名
センター長 芝本 雄太
副センター長 石倉 聡
廣瀬 保次郎
◎医師 9名
  ・放射線治療専門医 5名
◎診療放射線技師 12名
  ・放射線治療専門放射線技師 6名
  ・医学物理士 6名
  ・放射線治療品質管理士 5名
◎看護師 13名
  ・がん放射線療法看護認定看護師 1名
◎受付職員 2名

放射線治療の流れ

中央診療棟地下1階 診察室

1.診察
患者さんの病気に対して放射線治療が有効であると判断された場合に、放射線科を受診して頂き、放射線治療担当医の診察を受けて頂きます。そこで、放射線治療を受けると決定すれば、治療開始日や期間、副作用などの説明 (オリエンテーション)があります。
2.放射線治療計画用CT撮影
診察後に治療計画を立案するために必要なCT撮影を行います。治療する部位によっては固定具の作成や呼吸を管理して撮影します。

治療計画

3.放射線治療計画の立案
撮影したCT画像をもとに医師・診療放射線技師・医学物理士により放射線治療の計画を立案します。治療計画が最善で適切であるかを医師中心に多職種で確認し、決定していきます。

Radixactによる位置照合

4.治療位置の確認
 X線画像やCT画像を治療直前に取得する画像誘導放射線治療を積極的に活用して、立案した計画通りに治療できるかを確認しています。治療位置が照合でき決定すれば放射線照射になります。
5.治療
 通常の放射線治療は毎日15分程度で終わります。治療方法によっては1時間程度かかる治療もあります。治療計画用CTの際に作成した固定具や呼吸管理をして治療します。

喜谷記念がん治療センター 1階 診察室

6.診察・経過観察
 治療期間中は治療の経過や副作用などを確認させて頂きます。何か相談があれば医師・診療放射線技師・看護師が伺います。

放射線治療装置の品質管理・保証

第三者機関による測定実施証明書

高精度放射線治療を担保するために、放射線治療装置の安全管理にも努めています。スタッフにより装置の品質維持を目的とした管理プログラムを作成し、実施することで装置の品質保証をしています。また、装置メーカーによる定期点検も実施しており、装置の安定稼動を常に維持できるように心掛けています。さらに、自施設の放射線量の出力確認だけでなく、第三者機関 (医用原子力技術研究振興財団)に依頼し、出力線量の正確性の客観的な評価も受けています。

認定・機能評価

・JASTRO認定施設
日本放射線腫瘍学会 (JASTRO)では、安全かつ高精度の放射線治療を推進することを目的として施設基準を策定し、その基準を満たす施設をJASTRO認定施設として認定しています。

病院機能評価 認定証

・病院機能評価認定 3rdG:Ver.2.0  一般病院3 (主たる機能)
『3.2.2 放射線治療機能を適切に発揮している』においてS評価を取得しました。
以上の学会・機構の外部評価を受けており、患者さんに 質の高い放射線治療を安全に提供しています。