グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


国際医療連携部


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 国際医療連携部

「国際医療連携部」International Medical Care Department について

国際医療連携部では、外国人患者さんの診療受入れに関連する業務、ならびに海外との医療連携及び研修受入れに係るコーディネートを行っています。

The International Medical Care Department is responsible for operations related to the acceptance of foreign patients for medical treatment, medical cooperation with foreign countries and coordination of accepting trainee.

部長あいさつ Greetings from the Director

森田 明理

我が国の在留外国人は、2012年以降増加傾向にあり、訪日外国人についても2011年以降著しい増加傾向にあります。このように、日本社会における外国人の存在感が高まりつつあり、それに伴い医療機関を受診する外国人患者数も増加しています。こうした外国人患者が安心して受診できるよう支援させていただくことを目的に、国際医療連携部を設立いたしました。

The number of foreign residents in Japan has been on the increase since 2012, and foreign visitors to Japan have been increasing significantly since 2011. As this shows, people from overseas are growing their presence in Japanese society. Consequently, more and more foreign patients are visiting medical institution. Therefore, we have established International Medical Care Department for the purpose of supporting them to receive medical treatment without worry.

受診のご案内 Guidance for Consultation

国際医療連携部では、名古屋医療圏の中核医療機関として、国籍を問わず安心・安全な医療サービスを提供できるよう努めております。
日本の健康保険に加入されていない方(海外からの受診希望の方)は、こちらをご覧ください。

The medical institution that plays a central role in community medicine of the Nagoya medical area,the International Medical Care Department strives to provide safe and secure medical services for patients regardless of their nationality.
If you do not have Japanese health insurance such as overseas patients who seek medical examination and care, please see here.
English version.
中文版

通訳について Interpreter Guide

当院では、電話等による医療通訳を提供しております。日本語でのコミュニケーションに困難を感じた場合、医療者からも医療通訳の利用をご提案させていただくことがございます。
また、ご家族・ご親戚、ご友人、職場の方が通訳として付き添ってくださる場合がございますが、医療の専門用語に対する誤訳や、個人情報保護等の観点から、当院としては医療通訳の利用をお勧めしております。

In our hospital, we provide medical interpretation service by telephone. In the case we find it difficult to communicate with you in Japanese, medical practitioners may suggest using this service.
Although there are cases when family, relatives, friends or colleagues may accompany you as an interpreter, our hospital recommends utilizing interpretation service to avoid mistranslation of medical terminology and to observe Japan's Act on the Protection of Personal Information.