グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


漢方医学センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 漢方医学センター

名古屋市立大学病院では、従前より、漢方外来を設置し、市販の方剤のみでなく、生薬使用したオーダーメイドの処方によるきめ細かな対応を行っております。
このたび、診療体制をさらに充実するため、高度先進的な医療を提供する大学病院の各診療科と連携し、漢方医学を中心とした東洋医学と西洋医学の融和による「漢方医学センター」を令和2年3月1日に開設いたします。

スタッフ紹介

役職 氏名
センター長・教授 野尻 俊輔
副センター長・准教授 松尾 洋一

取り組み

  1. 各診療科と連携した漢方外来の実施
  2. 学生および研修医等の若手医師の教育・人材育成
  3. 薬草園を有する薬学研究科をはじめとする各研究科との連携による研究推進