グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


乳がん治療・乳房再建センター


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 中央部門 > 乳がん治療・乳房再建センター

国内において罹患数が年々増加している乳がんに対し、当該疾患に携わる当院のスペシャリストが連携し、最先端かつ最良の治療を提供するとともに、治療による様々な負担を抱える患者さんに対し積極的にサポートを行う体制を構築するため、2016年4月に設立しました。

センター長からのメッセージ

各分野のスペシャリストによって生まれる『相乗効果』
当センターの最大の特長は、複数の分野の医師や医療技術者が部署の垣根を越えて協力し、一丸となって乳がんの診療にあたることです。
「乳がん手術と乳房再建術」については乳腺外科と形成外科が、乳がんの再発に対する不安やがんの進行に伴う疼痛など、治療に関連して起こる心身の苦痛に対してはこころの医療センター、緩和ケア部及び麻酔科(ペインクリニック)が主に担当します。
当センターの設立によって、これまで以上に連携が強化され、患者さんに提供する医療の質がより一層高まります。

特色

  • 乳腺外科と形成外科の医師が一つのチームとして、「乳がん手術+乳房再建術(インプラント(人工乳房)または自家組織)」を実施します。
  • 乳がんの再発に対する不安やがんの進行に伴う疼痛など、治療に関連して起こる心身の苦痛に対し、こころの医療センター、緩和ケア部、麻酔科(ペインクリニック)及び化学療法部の医師などが密接に連携することでトータルサポートを提供します。

組織イメージ

スタッフ紹介

(平成28年4月1日現在)
役職 氏名 所属部署
センター長 遠山 竜也 乳腺外科
副センター長 鳥山 和宏 形成外科
杉浦 健之 麻酔科(ペインクリニック)
内田 恵 こころの医療センター、緩和ケア部
小松 弘和 化学療法部

乳がん治療・乳房再建センターについて詳しく知りたい方

乳がん治療・乳房再建センターでは、特設サイトを運営しています。
乳がん治療・乳房再建センターのことをさらにお知りになりたい方は、乳腺外科ホームページをご覧ください。

乳腺外科ホームページはこちら(別ウィンドウで開きます)