グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


妊娠と薬外来



厚生労働省の事業として、2005年10月より、「妊婦・ 胎児に対する服薬の影響」に関する相談・情報収集を実施するために、国立成育医療研究センター内に『妊娠と薬情報センター』が設置されました。
現在、我が国においては、医薬品の妊婦・胎児への影響に関して、必ずしも十分な情報があるとはいえません。実際に「妊娠に気付かずに薬を飲んでしまった」、「持病があって薬を飲んでいるが、妊娠しても大丈夫か」などの不安もよく耳にします。
当院は2019年度より『妊娠と薬情報センター』の拠点病院となり、「妊娠と薬外来」を開設することとなりました。『妊娠と薬情報センター』からの最新の情報をもとに医師・薬剤師が上記のようなご相談に応じる外来です。
詳細は国立成育医療研究センター『妊娠と薬情報センター』のホームページをご覧ください。

相談日時及び費用・受付時間等の概要

外来日 毎週水曜日14:00~16:00 要予約(祝日は除く)
予約電話受付時間 毎週月曜日~金曜日(祝日は除く)9:00~17:00
予約受付電話番号 052-858-7126(医事課 妊娠と薬外来担当)
費用 10,800円(消費税込み・自己負担)
相談時間 原則として30分間

相談手順

当院で相談を希望される場合、まず下の①~④の手続きを行ってください。

①『妊娠と薬情報センター』のホームページより問診票(必須)・相談依頼書(任意)をダウンロードしてください。
②問診票をご自身で記入してください。相談依頼書を提出される方は主治医に記載してもらってください。
③問診票(必須)と相談依頼書(任意)を『妊娠と薬情報センター』(下記住所)へ郵送します。その際に返信用封筒にご自身のご住所・お名前をご記入の上、82円切手を貼付したものを同封してください。返信用封筒は『妊娠と薬情報センター』から相談方法のお知らせを相談者さんにお送りするためのものですので、おもて面に必ずご自身の住所を記入してください。
 
問診票(必須)・相談依頼書(任意)の郵送送付先
 
 〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1 
         国立成育医療研究センター内『妊娠と薬情報センター』
         ℡03-5494-7845
 

④『妊娠と薬情報センター』から相談方法のお知らせを郵送にて受け取ります。
上の①~④の手続きが済んだら、当院へお電話をお願いします。(⑤以降)
⑤予約電話受付時間内に電話で、妊娠と薬外来の予約を取ります。
⑥予約された日時に来院し、担当医師・薬剤師からの説明を受けます。『妊娠と薬情報センター』が最新の情報をもとに作成し、当院に郵送した説明資料に基づいてご説明させていただきます。そのため『妊娠と薬情報センター』にお申込いただいてから「妊娠と薬外来」で説明させていただくまで10日~2週間ほどかかります。ご了承ください。
⑦相談当日の流れについては相談方法のお知らせに記載がありますので、ご参照ください。健康保険証および当院の診察券(お持ちの場合のみ)ご持参ください。

お問い合わせ先

〒467-8602
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
名古屋市立大学病院「妊娠と薬外来」
電話052-858-7126(医学・病院管理部 医事課 妊娠と薬外来担当)
受付時間:毎週月曜日~金曜日(祝日は除く)9:00~17:00