グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


心臓血管外科


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 診療科 > 心臓血管外科


診療科部長からのメッセージ

須田 久雄

名市大病院には、心臓・血管疾患の診断・治療を担当する多くの専門家が参集する「ハートチーム」という組織があります。我々はハートチームの一員として、新生児から高齢者に至る心臓血管疾患に対し、手術を中心とした治療を担当しています。

小児における先天性心疾患、成人では虚血性心疾患・弁膜症・大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)・末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症・下肢静脈瘤)に至るすべての領域の心臓・血管疾患に対して、患者様一人一人に適した安全な治療を目指します。

「常に患者様の立場に立って考える」「重症・緊急の患者様を決して断らない」をモットーに、垣根の低い(ない)診療科として、共に心臓・血管疾患を克服していくみなさまのパートナーでありたいと心に銘じています。
 

診療科の特色

近年増加する成人の心臓・大血管疾患から新生児・小児の先天性心疾患まで、幅広い内容の診療を行っています。

・成人の心臓・大血管疾患
弁膜症疾患・冠動脈疾患・大動脈疾患・末梢血管疾患と、バランスよくどの疾患にも対応しております。手術の低侵襲化にも柔軟に対応し、従来の手術法に加えて小さな傷で行う手術(MICS)やカテーテルを用いた手術(ステントグラフト内挿術、TAVI)も安全かつ積極的に導入しております。

・新生児・小児の先天性心疾患
当地域においては早期から取り組んできた実績があります。早期の根治術を原則とし、生活の質(QOL)を重視して極力患者様本人の自己組織を利用し、将来の成長・発育にも適応する再手術を必要としない方法を標準術式にしています。

診療・治療に対する心がけ

心臓・大血管の手術は命に関わる大きなものですので、患者様・ご家族様の皆様にご理解していただけるまで手術加療についてご説明することを心がけております。

また、手術適応を含めた治療計画につきましては、循環器内科・放射線科・麻酔科等の関連診療科とともにカンファレンスを行うことで作成し、安定した手術成績の維持に努めています。

さらに、緊急・重症例にも対応し、新しい治療法も積極的に導入して、安全かつ適切な治療法の提供に努めております。

主な疾患

主な疾患は以下の通りです。

先天性心疾患(心奇形)
虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
弁膜症(狭窄症・閉鎖不全症)
大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)
末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化・静脈瘤)
不整脈
その他

主な治療法

近年増加する成人の心臓・大血管疾患から新生児・小児の先天性心疾患まで、幅広い内容の診療を行っています。

先天性心疾患(心奇形)

新生児から成人期に至るすべての先天性心疾患に対応しています。段階的に数回の手術が必要な疾患も少なくなく、家族の希望や理解に基づき新生児科医や小児循環器医と協議し、発育や長期間の心機能を見据えた手術計画を立てます。術後は小児ICU機能を完備した集中治療室で麻酔科と共に治療を行っています。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

冠動脈の血行再建術が主体で、動脈や静脈をグラフトとして使用する冠動脈バイパス手術を行っています。人工心肺や心停止による侵襲を回避または軽減するために、人工心肺を使用しない、または心臓を止めない手術を優先して行います。

弁膜症(狭窄症、閉鎖不全症)

大動脈弁・僧帽弁・三尖弁の手術が主体で、弁が狭くなる、または弁がしっかり閉じない状態になると心臓の機能が低下しますので、機能回復と温存目的に弁の形成術や置換術(生体弁または機械弁)を行います。小さな傷で行う手術(MICS)やカテーテルで行う大動脈弁の手術治療(TAVI)も安全かつ積極的に導入しております。

大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離)

胸部や腹部の大動脈瘤と大動脈解離に対し、人工血管置換術を行います。体力がなく手術に耐えられない人などには、血管内治療として大動脈内ステントグラフト留置術を行っています。大動脈手術は脳脊髄合併症のリスクが高く、放射線科、神経内科などと連携し綿密な治療計画を立てています。

末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化、下肢静脈瘤)

動脈硬化、外傷、炎症などによる四肢の動脈疾患、下肢のエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)や静脈瘤などの下肢静脈疾患の治療を行います。下肢静脈瘤に対し、血管内レーザー焼灼術も実施しています。

不整脈

循環器内科や小児科と連携して、各種の不整脈疾患に対応します。年齢や生活の質を考慮し、ペースメーカー手術を中心に様々な外科治療を行っています。

また、手術件数は以下の通りとなっております。
2017 2018 2019 2020
先天性心疾患 人工心肺使用 54 50 35 0
人工心肺不使用 27 18 9 6
弁膜症 弁置換 31 25 25 23
弁形成 12 12 18 20
TAVI(経カテーテル大動脈弁置換術) 19 36
MICS(低侵襲心臓外科手術) 4 7
虚血性心疾患 冠動脈バイパス手術 人工心肺使用 13 20 9 8
人工心肺不使用 1 3 14 23
心筋梗塞合併症 2 0 2 1
大動脈疾患 胸部 胸部大動脈瘤 23 18 15 7
急性大動脈解離 20 13 19 12
胸腹部 胸腹部大動脈瘤 2 8 1 1
腹部 腹部大動脈瘤 10 18 27 31
ステンドグラフト内挿術 胸部 11 13 12 12
腹部  24 20 25 23
不整脈 8 5 5 7
心臓腫瘍 4 0 1 4
収縮性心膜炎 0 0 2 1
肺血栓塞栓症 0 2 2 0
補助循環 0 0 0 0
その他の心臓手術 3 0 2 4
末梢血管 シャント 1 1 5 12
静脈瘤 0 0 0 5
その他 0 5 13 12

スタッフ紹介

(令和3年8月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長・教授 須田 久雄 成人心臓血管外科一般
副部長・講師 五味 聖吾 小児心臓血管外科一般
講師 齋藤 雄平 成人心臓血管外科一般
助教 小川 真司 成人心臓血管外科一般
助教・医局長 山田 敏之 成人心臓血管外科一般
助教 小川 辰士 成人心臓血管外科一般

外来担当者一覧



ご相談等窓口のご案内

名古屋市立大学病院 心臓血管外科
〒467-8602 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1番地
電話:052-851-5511 (名古屋市立大学病院:代表)
FAX:052-851-7201 
メール:herz@med.nagoya-cu.ac.jp


<医療関係者の方々へ>
当科では、24時間365日対応のHOTLINEを運用しております。
急患・お困りの症例等のご相談に関しまして、いつでも下記にご連絡下さい。

電話 :090-5458-8105
メール:ncucvs758@gmail.com 

心臓血管外科について詳しく知りたい方

心臓血管外科では、特設サイトを運営しています。
心臓血管外科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 心臓血管外科学ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 心臓血管外科学ホームページへ
(別ウィンドウで開きます)