グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


救急科




救急科について詳しく知りたい方

救急科では、特設サイトを運営しています。
救急科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学ホームページへ
(別ウィンドウで開きます)

診療科の特色

救急科は主に救急搬送される患者の初期診療から重症外傷・熱傷・中毒などの重症患者の治療を行う診療科です。24時間365日、重症から軽症まで様々な患者さんが搬送されますが、どのような状態でも適切に診断と初期治療を行い、各診療科の治療につなげることを専門とします。多発外傷や広範囲熱傷、急性中毒など、既存の診療科では対応が困難な疾患については主治医となり治療も行います。災害時には、DMATとして被災地に赴く他、この地域が被災した場合には災害医療のリーダーとして、多くの患者を受け入れる最前線に立つことになります。
現在、救急科には救急科専門医の他、外科専門医、整形外科専門医、小児科専門医、内科専門医などの資格を有する医師が所属しています。それぞれの専門性を診療に活かしながら、他のスタッフと共有することで、24時間365日の救急診療の向上に努めています。
名市大と地域における救急・災害医療・医学の発展および後進の育成が私たちの目標です。

診療体制

日中は当院に入るすべての救急患者の初期診療を救急科が行い、診断と初期治療を行った後、適切な診療科へ診療を引き継ぎます。夜間は、週6日は日中と同様の救急車対応を行いますが、救急科スタッフが不在の日は、各診療科の救急当番医が初期対応を行います。現在、24時間365日、救急科が初期診療の対応をできるようにスタッフの充実を目指しています。

地域の連携

当院救急科の大きな特徴は院内他科の連携とともに地域病院との連携です。当院ではすべての救急車および地域医療機関からの紹介を受入れることを基本としていますが、様々な病状、社会的背景を持つ患者さんに対し、大学病院のみで完結することにこだわらず、診療の結果で、より適切な地域の病院へ患者さんの診療を引き継ぐこともあります。診療する医師も地域の病院と定期的な行き来をしており、診療経験を積むとともに大学と地域病院の知識・技術の交流につなげています。このように病院の枠を超えた広い視野で救急を学び、地域に役立つ人材を育成することも当大学病院救急科の役割です。

スタッフ紹介

(令和2年4月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長 笹野 寛 日本救急医学会 専門医・指導医
日本集中治療医学会 専門医
日本呼吸療法医学会 専門医
日本麻酔科学会 専門医・指導医
AHA ACLS・BLS・PALSインストラクター
日本医学シミュレーション学会 困難気道管理・CVCインストラクター
日本DMAT隊員
部長 服部 友紀 日本救急医学会指導医・専門医
日本麻酔科学会指導医・専門医
社会医学系指導医
日本集中治療医学会専門医
AHA ACLS・BLSインストラクター
ICLSディレクター
JATECインストラクター
日本DMAT隊員
部長 松嶋 麻子 日本救急医学会 専門医・指導医・評議員
日本熱傷学会 専門医
日本外科学会 認定医
Infection Control Doctor
ICLS ディレクター
副部長 山岸 庸太 日本外科学会 指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会 指導医・専門医・認定医
日本救急医学会 専門医
社会医学系指導医・専門医
JATEC・JPTECインストラクター
AHA BLS・ACLS・PALSインストラクター
BDLS、ADLSインストラクター
日本統括DMAT隊員、DMATインストラクター
国際緊急援助隊医療チーム登録医
病院助教 今井 一徳 日本救急医学会 救急科専門医
日本小児科学会 小児科専門医
日本DMAT隊員
愛知県 災害時小児周産期リエゾン
病院助教 坪内 希親 日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
日本救急医学会、日本臨床救急医学会
日本救急医学会 ICLSディレクター
AHA BLS・ACLS インストラクター
麻酔科標榜医
手話技能検定 3級
臨床研究医 宮崎 ゆか 日本救急医学会 救急科専門医
ICLSインストラクター
JATECインストラクター
助教 三浦 敏靖 日本脳卒中学会 専門医
日本内科学会 認定医・指導医
日本救急医学会 ICLSディレクター
日本内科学会 JMECCディレクター
ISLSファシリテーター・コーディネーター
日本DMAT隊員

主な対象疾患・活動実績

救急科は救命救急センターに救急搬送される全ての救急患者に対応しています。軽症から重症まで、内因性・外因性を問わず初期診療を行い、必要に応じて各診療科へ診療を引き継ぎます。既存の診療科では対応が困難な疾患については主治医となり治療も行います。
救急科の活動範囲は平時に限らず、災害時にはDMATとして被災地に赴きます。この地域が被災した場合には、災害医療のリーダーとして多くの患者を受け入れる最前線に立ちます。
活動実績についてはこちらをご覧ください。(別ウィンドウで開きます)

当院救命救急センターでの勤務・研修・見学を希望される方へ(医師)