グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


消化器内科


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 診療科 > 消化器内科


診療科部長からのメッセージ

消化器内科は、肝膵臓内科とともに、食道、胃、大腸といった消化管、肝臓、膵臓、胆嚢、胆管などほとんどすべての腹部臓器を対象とし、診療を行っています。対象とする臓器が多いうえ、疾患も多岐にわたっていますが、経験豊富な診療スタッフを揃え、いずれの分野でも質の高い医療を提供できるよう心がけています。診療にあたっては、できるだけわかりやすく説明し、また疑問には十分にお答えし、納得いただいたうえで診療をすすめています。

診療科の特色

消化器内科は食道、胃、小腸、大腸の炎症性疾患および悪性疾患の診断および治療を行う診療科です。特に内視鏡による食道、胃、大腸の早期癌の診断と内視鏡的治療、炎症性腸疾患の診断、小腸、大腸カプセル内視鏡による診断に取り組んでいます。

診療・治療に対する心がけ

早期消化器癌に対しては、内視鏡を用いて粘膜の腫瘍を切除する内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層切開・剥離術を取り入れ、安全で侵襲の少ない治療を目指しています。進行癌では常に外科と協力しながら、また抗がん剤治療も積極的に行い、個々の患者さんに対して最良の治療法が行われるように努めています。

またクローン病、潰瘍性大腸炎などの難治性疾患の患者さんには常に重症度や治療歴を十分考慮した診療を心がけ、白血球除去療法、抗サイトカイン療法などの特殊治療も積極的に取り入れて、患者さんのQOL(生活の質)の改善を目標としています。

主な疾患

食道 胃食道逆流症 逆流性食道炎 食道裂孔ヘルニア
バレット食道 食道癌 食道粘膜下腫瘍
慢性胃炎 胃リンパ腫 胃潰瘍
ヘリコバクターピロリ感染 機能性胃腸症 (Functional Dyspepsia) 胃ポリープ
胃腺腫 胃癌 胃粘膜下腫瘍
十二指腸・小腸 十二指腸潰瘍 クローン病 小腸出血
小腸腫瘍 小腸リンパ腫
大腸・直腸 大腸ポリープ 大腸腺腫 大腸癌
大腸憩室症 潰瘍性大腸炎 クローン病
過敏性腸症候群 虚血性腸炎 感染性腸炎(食中毒)
大腸リンパ腫 薬剤性腸炎 虫垂炎

主な治療法

食道

病名 症状・治療法
胃食道逆流症
逆流性食道炎
胸焼け、咽頭違和感、嚥下困難、酸っぱい胃液が込み上げるなどの症状を伴います。
食道裂孔ヘルニア 胃食道逆流症、逆流性食道炎を合併しやすくなります。 内視鏡あるいは腹腔鏡による縫縮(縫って縮める)手術で治療することがあります。
食道腫瘍
食道癌
喫煙や飲酒歴の長い50歳以上の男性は特に注意が必要です。つかえ感が主な症状です。 当科では拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い深達 度診断を行い、早期食道癌であればESD (Endoscopic Submucosal Dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)による治療も可能です。進行食道癌に対しては放射線科と連携しながら放射線・化学療法を行います。
食道粘膜下腫瘍 検診で偶然発見されることが多い疾患です。当科では超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い診断を行います。

病名 症状・治療法
慢性胃炎 胃レントゲン検査や内視鏡検査では明らかな異常がないのに胃の症状が続く方はご相談下さい。
急性胃炎 アルコール、薬物、アニサキス(あじ・さば・いか・にしんなどの寄生虫)、ストレスなどが誘因となりえます。
胃潰瘍 ピロリ菌の除菌治療により再発率を数%におさえることができるようになりました。
ヘリコバクターピロリ感染 現在、ピロリ菌の除菌療法は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍のみが厚生労働省より保険適用が認められています。胃炎・胃MALTリンパ腫・胃癌予防などにおける除菌の有用性が検討されています。ピロリ菌陽性を指摘されている方は、一度ご相談下さい。
機能性胃腸症
(Functional Dyspepsia)
腹痛、胃もたれ、胸やけ、呑酸などの症状が長期間にわたって継続する疾患です。食道、胃、大腸などの内視鏡検査で形態的な異常がなく、消化管の運動や感受性の異常が原因と言われています。 当科では必要に応じて問診アンケートや消化管機能検査を施行し適切な治療を行っています。
胃ポリープ
胃腺腫
放置可能な良性のものから処置が必要なものまでがあります。 当科では必要に応じて拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い診断を行い、切除 の必要がある病変に対しては内視鏡的ポリペクトミー、ESD (Endoscopic Submucosal Dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)による治療も可能です。
胃癌 早期胃癌の中には内視鏡的切除術で完治するものがあります。積極的に胃癌検診を受けましょう。 当科では拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い深達度診断を行い、粘膜内にとどまる胃癌であればESD (Endoscopic Submucosal Dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)による治療を行っています。 外科的手術が不可能な進行胃癌に対しては、最新のエビデンスに基づいて当大学病院の化学療法委員会で承認された抗がん剤レジメンによる治療を行っています。病状が安定されている方は、当大学病院の外来化学療法室と連携し、外来通院による化学療法(抗ガン剤治療)を行っています。
胃粘膜下腫瘍 最近では腹腔鏡を用いた侵襲の少ない方法で積極的に切除して診断的治療をする場合が増えています。 当科では超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い診断を行います。

十二指腸・小腸

病名 症状・治療法
十二指腸潰瘍 ピロリ菌の除菌治療により再発率を数%におさえることができるようになりました。
クローン病 若い方に多く、原因不明の腹痛や下痢が続きます。特定疾患の一つとして病態の解明、有効な治療法の開発に力を入れています。栄養療法に加え、最近では、抗TNF-α抗体による治療を開始しています。
小腸出血 最近では高齢者の小腸出血性疾患が増加しています。 当科では最新の小腸カプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡を用いて診断が困難な小腸出血の診断、治療を行っています。
小腸腫瘍 小腸の腫瘍はまれな疾患です。診断が困難な領域ですが、当科では最新のカプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡を用いて、積極的な診断、治療を行っています。

大腸

病名 症状・治療法
大腸ポリープ
大腸腺腫
大腸癌検診が行われるようになり多くの大腸ポリープが発見され内視鏡的切除で安全に治療されています。早期発見早期治療で大腸癌予防を目指し、積極的に検診を受けて下さい。ポリープが発見された方はご相談下さい。当科では大腸内視鏡挿入困難な方、苦痛の大きな方に対して大腸カプセル内視鏡検査を行っています。 当科では大腸内視鏡的ポリペクトミーは2泊3日の短期入院で行っています。大きさ2cmを超える大きな腫瘍に対しては、必要に応じて拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い診断を行い、内視鏡的治療を行っています。
大腸憩室症 憩室は多くの方にみられますがほとんど症状をきたしません。しかし、まれに憩室炎や憩室出血を生じることがあります。
大腸癌 早期発見早期治療のため検診を受けましょう。便秘症、下痢症や痔だと自己判断せず一度は精密検査を受けることをお奨めします。当科では拡大内視鏡観察、超音波内視鏡検査を駆使した精度の高い診断を行い、粘膜内にとどまる早期大腸癌であればESD (Endoscopic Submucosal Dissection:内視鏡的粘膜下層剥離術)を含めた内視鏡的切除を行っています。進行大腸癌に対しては、最新のエビデンスに基づいて当大学病院化学療法委員会で承認された抗がん剤レジメンによる治療を行っています。病状が安定されている方は、当大学病院の外来化学療法室と連携し、外来通院による化学療法(抗ガン剤治療)を行っています。
潰瘍性大腸炎 若い方に多く、頻回に粘血便が続きます。特定疾患の一つとして病態の解明、有効な治療法の開発に力を入れています。最近では、白血球除去療法も行っています。

その他

病名 症状・治療法
クローン病 若い方に多く、原因不明の腹痛や下痢が続きます。特定疾患の一つとして病態の解明、有効な治療法の開発に力を入れています。栄養療法に加え、最近では、抗TNF-α抗体による治療を開始しています。
虚血性腸炎 頑固な便秘後の排便を契機に突然の腹痛・血便で発症します。
感染性腸炎(食中毒) 腹痛・下痢・嘔吐などを生じます。発症前の食事内容を十分検討することが必要です。
腸結核 肺結核の既往がない方にもみられることがあります。
薬剤性腸炎 抜歯後の化膿止め・急性気管支炎などに対して抗生物質を飲んだ後に、腹痛・下痢・下血を生じる病気です。
虫垂炎 痛みがみぞおちから始まり徐々に右下腹部に移動してくるのが一般的です。早い時期の軽症なら抗生物質の投与で治りますが、遅れると腹膜炎を合併して手術も大きくなり回復に時間がかかります。
過敏性腸症候群 下痢と便秘を繰り返しストレスのある方によく見られます。心当たりのある方は是非一度ご相談下さい。

スタッフ紹介

(平成29年8月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長・教授 城 卓志 消化管疾患の診断と治療、GERDの病態解明、消化器癌の発生と病態解明
教授 神谷 武 消化管疾患の診断と治療、特に胃食道逆流症、機能性消化管障害(FD、IBS)の診断と治療
内視鏡医療センター
センター長・准教授
片岡 洋望 消化管疾患の診断と治療、特に食道癌、胃癌、大腸癌の内視鏡診断と治療、消化器癌の化学療法
副部長・講師 谷田 諭史 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管型ベーチェット病)、消化器疾患の内視鏡的診断・治療
講師 久保田 英嗣 消化管疾患の診断と治療
講師 志村 貴也 消化管疾患、消化管腫瘍の内視鏡診断と治療、消化管癌化学療法
講師 溝下 勤 消化管疾患の診断と治療、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管型ベーチェット病)
助教 尾関 啓司 消化管疾患の診断と治療、炎症性腸疾患、カプセル内視鏡
助教(化学療法部) 岡本 泰幸 消化器癌の内視鏡治療、がん化学療法
病院助教 片野 敬仁 消化管疾患の診断と治療、内視鏡治療
助教(緩和ケア部) 西江 裕忠 消化器内視鏡診断と治療、悪性疾患の緩和ケア
病院助教 田中 守 消化管疾患の診断と治療、内視鏡診断・治療

外来担当者一覧



胃腸でお悩みの方へ

早期の食道・胃癌・大腸癌は熟練した医師が内視鏡的に切除しています。ピロリ菌に関する胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの疾患に対しては、豊富な知識と経験に基づいた的確な治療を行っています。炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)においては、食事栄養療法、抗サイトカイン(TNFアルファ抗体)療法や血液浄化療法といった最新技術を積極的に取り入れています。科学的根拠に基づいた専門医療を提供いたします。胃腸でお悩みの方は、どなたでもお気軽にお越しください。

消化器内科について詳しく知りたい方

消化器内科では、特設サイトを運営しています。
消化器内科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科学ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科学ホームページへ
(別ウィンドウで開きます)