グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


総合内科・総合診療科


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 診療科 > 総合内科・総合診療科


診療科部長代理からのメッセージ

総合内科・総合診療科は、主に内科系診療科のうち、どの診療科を受診すべきかはっきりしない場合に、診察・簡易検査を通して最も適切と考えられる診療科を判断して紹介する役割を担っています。内科以外にも、担当が不明確な場合に、担当診療科がはっきりするまで、代表的に総合診療科として対応します。
患者さんの多くは複雑な症状や複数の疾病を抱えているため、我々は時間をかけて全人的に診察し、得られた検査結果は患者さんが納得するまで十分に説明をするように常に心がけています。 患者さんの迅速かつスムーズな治療を実現するため、培ってきた知識や経験を最大限に活用して日常の診療にあたっています。

診療科の特色

大学病院を受診される患者さんは複雑な症状を訴え来院される患者さんも多いです。総合内科は、名古屋市立大学病院の内科各診療科(消化器内科、肝・膵臓内科、呼吸器・アレルギー内科、循環器内科、内分泌・糖尿病内科、血液・腫瘍内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、腎臓内科)の どの専門診療科を受診すべきかが明らかでない場合に、診察・簡易検査を通して最も適当と考えられる専門診療科を明らかにし紹介する役割を担っております。また総合診療科については、内科の範疇を超えて、横断的な診療が必要な患者さんや、特定診療科への対応が困難な分類不能症例などへの対応も行います。
専門診療科へ紹介しなくとも、当科で対応が可能と考えられる場合には、総合内科・総合診療科で診断・治療を完結することもあります。

診療・治療に対する心がけ

総合内科・総合診療科では、その担う役割から、複雑な症状を訴え、複数の病気を合併している患者さんを扱うことも少なくありません。総合内科・総合診療科の医師は、患者さんを時間をかけて全人的に診察し、得られた臨床検査結果は納得の行くまで十分に説明をするように心がけています。
当科では、できる限り短期間の通院や入院で、検査や治療を行いますが、問題解決の糸口が得られた場合には検査結果を基に他の専門診療科を紹介したり、大学病院での治療が適当ではないと判断された場合は、患者さんに十分説明をした上で近くの医療機関での治療をお勧めしたりいたします。
当科を受診される患者さんの中には、他の診療機関で診断がつかない様々な症状をお持ちで、問題の解決を求める方がいらっしゃいます。適切な診断を行うよう心掛けておりますが、中には当科でも診断が困難なケースもあります。その場合にも、何らかの対処法を共に考案できるよう、努力いたします。

外来担当者一覧