グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


整形外科




診療科部長からのメッセージ

整形外科医は運動器の健康を守る専門医です。
その対象器官は脊椎、脊髄、骨盤、上肢、下肢など広範囲に及び、また対象年齢層も新生児から高齢者まで幅広くなっています。そして医学の進歩に伴い対象疾患、治療法も多種多様になっています。整形外科は大人から小児まで脊椎、関節、手、小児、スポーツ、骨軟部腫瘍など多岐にわたる疾患のより質の高い診断および治療を提供し、基礎および臨床研究を通して治療手段の開発を進め、必要とされる最新の治療を目指しています。また充実した指導医による研究、若手医師の教育にも取り組んでいます。

診療科の特色

整形外科医の対象器官は脊椎、脊髄、骨盤、上肢、下肢など広範囲に及び、また、対象年齢層も新生児から高齢者まで幅広くなっています。
診療においては、腫瘍、関節、小児、脊椎、手の外科班のそれぞれの専門外来を中心とした体制をとっています。

診療・治療に対する心がけ

手術に関しては、週2回の全体の症例検討会で、画像診断をはじめとして各種検査の再確認を行い、最適と思われる治療方針を決定しています。そのうえで十分なインフォームド・コンセントを行い、患者さんのQOL(生活の質)向上につながるように努めています。術後は、運動器リハビリテーションを取り入れて早期社会復帰を目指しています。
腫瘍班ではとくに悪性軟部腫瘍に対して術前に放射線-温熱-化学療法をすることで切除縁の縮小を図り、患肢温存など、可能な限り機能を重視する方針で取り組んでいます。
小児班では、より低侵襲で最良な結果が得られるように新しい治療法を開発しつつ、子供さんが生涯を通して最良のQOL(生活の質)を獲得できるよう、小児期全般を見据えたオーダーメイド治療プログラムを構築することを心がけています。
脊椎班では、椎間板ヘルニアなど腰椎疾患に対して内視鏡や顕微鏡を用いて低侵襲手術を行い、また、疾患に応じて積極的にインスツルメントを併用することにより早期離床を図るように努めています。
関節班では、オーダーメイド人工股関節、ナビゲーションシステムの応用などにより、個々の患者さんにより適合した人工関節手術を行うことを目指しています。
手の外科班、関節班では良性骨腫瘍、膝半月板損傷、手の滑膜炎などに対して、低侵襲な関節鏡視下日帰り手術を行って患者さんの負担を軽減するように心がけています。

主な疾患

関節が痛む病気 変形性関節症、関節リウマチ、特発性大腿骨頭壊死、五十肩(肩関節周囲炎)、痛風、スポーツ障害など
首や腰が痛む病気、手足がしびれる病気 椎間板ヘルニア、頸部脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、脊髄腫瘍、肩こり、手根管症候群など
四肢にできたしこり 良性腫瘍、悪性腫瘍、ガングリオンなど
小児の病気 乳児股関節脱臼、先天性内反足、ペルテス病、筋性斜頸など

主な治療法

腫瘍 主に四肢発生の骨・軟部の良性および悪性腫瘍の治療を行っています。
化学療法 主に高悪性度の腫瘍、転移巣のある患者に対して実施しています。
広範切除術 骨、軟部悪性腫瘍に対して実施しています。
摘出術 良性腫瘍に対して実施しています。
放射線-温熱-化学療法
(radio- hyperthermo-chemotherapy)
当科で開発された治療法で主に四肢発生の軟部腫瘍に対して行われ、良好な治療成績が得られています 。
鏡視下掻爬術 良性骨腫瘍(内軟骨腫、動脈瘤様骨嚢腫、骨嚢腫など)に対して最小侵襲の手術を実施しています。

脊椎外科

脊椎・脊髄疾患のほとんどすべての治療を行っています。
内視鏡手術 当院では脊椎内視鏡技術認定医が常勤し、腰椎椎間板ヘルニアに加え、腰部脊柱管狭窄にも積極的に実施しています。
顕微鏡下手術 除圧術の適応となる腰椎疾患に対して実施しています。
固定術 固定術が適応となる症例に対してはインストルメントを併用し、低侵襲固定術も実施しています。
リウマチ頸椎病変 環椎亜脱臼の整復性病変に対して環椎外側塊スクリューや環椎椎弓内スクリューを用いた固定術を、非整復性病変に対してはプレート・スクリュー・ロッド・を併用した後頭頸椎固定術を行い、早期離床を実施しており国内有数の手術数を有しています。

小児整形外科

乳児股関節脱臼 リーメンビューゲル装具による保存的治療
観血的整復術、ソルター骨盤骨切り術
臼蓋形成不全 成人例では寛骨臼回転骨切り術を実施しています。
筋性斜頸 保存的治療に抵抗する例では筋部分切除術を行います。
先天性内反足 矯正ギプスによる保存的治療を行い、変形の矯正が十分でなければ観血的治療を行っています。
ペルテス病 保存的治療、骨切り術、棚形成術などを実施しています。
大腿骨頭辷り症 ピンニングによる固定術を実施しています。
そのほか、関節鏡、骨延長や形成外科的手術手技なども積極的に応用しています。

股関節外科

変形性股関節症や大腿骨頭壊死症、関節リウマチ 人工股関節手術を中心に治療を行っています。
高度な股関節脱臼や人工股関節の再置換術なども積極的に行っています。また人工股関節手術にあたっては、井口教授の指導のもと3次元コンピューター術前計画によって各症例に最適な機種やサイズ、手術方法を決定してより正確な手術をより短時間に行う工夫をしています。

膝関節外科

変形性膝関節症、特発性骨壊死
膝蓋大腿関節症、関節リウマチ
人工膝関節置換術、骨切り術、関節鏡視下手術を行っています。

スポーツ整形外科

膝前十字靭帯損傷 鏡視下十字靭帯形成術を実施しています。
関節鏡視下半月板手術 半月板機能を考慮して可能な限り半月板を温存する治療を行っています。
肩スポーツ障害 超音波診断を行うほか、投球フォームのチェックなども実施しています。
野球肘 超音波診断を行うほか、メディカルチェックなども実施しています。

肩、肘関節の外科

肩関節腱板断裂 鏡視下腱板縫合術、直視下腱板縫合術、筋移行術などを実施しています。
反復性肩関節脱臼 鏡視下肩関節制動術を実施しています。
五十肩・肩関節拘縮 保存的治療に抵抗する例には鏡視下肩関節授動術を実施しています。
関節リウマチ 鏡視下滑膜切除術や肩や肘の人工関節を実施しています。

手の外科

手根管症候群 保存的治療が無効ならば小皮切での神経剥離術を実施しています。
肘部管症候群 保存的治療が無効ならば神経剥離術を実施しています。
関節リウマチの手関節 滑膜切除術や関節形成術などを、腱断裂に対しては腱移植術や腱移行術を実施しています。
手の先天異常 機能再建術を行っています。
悪性腫瘍切除後の広範な組織欠損に対してはマイクロサージャリ―による組織移植を行っています。
鏡視下掻爬術 手指の良性骨腫瘍に対する最小侵襲手術である鏡視下手術を開発して、良好な治療成績をあげています。小手術については外来での日帰り手術も実施しています。

関節リウマチ

病気の緩解をめざして、早期診断、早期治療を心がけ、生物学的製剤を併用した薬物療法による関節リウマチのコントロールを行っています。また関節の機能回復を目指したさまざまな手術治療を行っています。

また手関節形成術、前足部切除型形成術、足関節固定術なども行っています。
リウマチ頸椎病変 環軸椎亜脱臼に対する脊椎固定術を行います。
鏡視下滑膜切除術 肩、肘、膝、手関節の滑膜炎に対して行います。
人工関節置換術 肩、肘、膝、股関節、足趾の関節障害に対して行います。

スタッフ紹介

(平成28年12月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長・教授 大塚 隆信 骨・軟部腫瘍
教授 和田 郁雄 小児、足・足関節、リハビリ
寄附講座教授 井口 普敬 股関節・膝関節等の人工関節及び関節再建術
寄附講座教授 永谷 祐子 関節外科、関節リウマチ
副部長・准教授 小林 正明 膝、スポーツ
講師 福岡 宗良 脊椎、側弯
講師 後藤 英之 肩、肘、スポーツ、関節リウマチ
准教授 水谷 潤 脊椎
助教 山田 聡 骨・軟部腫瘍
助教 若林 健二郎 小児整形外科
助教 岡本 秀貴 手、末梢神経障害、マイクロサージャリー
助教 鈴木 伸幸 脊椎
助教 野崎 正浩 スポーツ、膝(人工膝関節、膝関節鏡)
助教 大塚 聖視 脊椎
助教 村上 里奈 整形外科一般、リハビリ
助教 三井 裕人 関節外科、関節リウマチ
病院助教 近藤 章 脊椎

外来担当者一覧



整形外科について詳しく知りたい方

整形外科では、特設サイトを運営しています。
整形外科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科学分野ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科学分野ホームページへ
(別ウィンドウで開きます)