グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


リハビリテーション科


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 診療科 > リハビリテーション科


診療科部長からのメッセージ

リハビリテーション科では、各診療科との連携のもと、整形外科をはじめとした各種外科治療前後、脳血管障害や神経変性疾患、廃用ならびに循環器や呼吸器領域の機能障害、摂食嚥下障害、がんのリハビリテーション、小児運動機能障害などほぼ全ての機能障害に対応しています。患者さんの早期の社会復帰や家庭復帰を目指して、リハビリテーション部門のスタッフと共に最良のリハビリテーションサービスを提供しています

診療科の特色

リハビリテーション医療の特徴は、臓器の障害のみでなく、臓器特有の機能障害、精神・運動活動障害の改善と同時に、最終的には患者さん個々人の生活の質(QOL)の改善を指向する医療である点です。この目的のため、臓器機能、認知能力、生活上の動作能力、生活の質という観点から統合的に障害像を把握する「障害学」的評価を行います。その上で個々の患者さんに対して治療計画を立て、理学・作業・言語療法士と共に、多方面からのアプローチを行います。

診療・治療に対する心がけ

リハビリテーション部門のスタッフと共に、患者さん個人や家族の意思を尊重した治療や訓練を行い、患者さんが障害を補完、克服し、よりよい社会・家庭復帰、質の高い生活を獲得するに資する診療に心がけております。

主な疾患

現在は原則として外来治療は行っておりません。当院で入院治療を受けている患者さんの治療を中心に行っております。
  • 脳卒中、その他の脳疾患(脳外傷)
  • 脊髄損傷、その他の脊髄疾患 および術前後
  • 関節リウマチ、その他の骨関節疾患 および術前後
  • 脳性麻痺、その他小児疾患
  • パーキンソン病などの神経変性疾患
  • 呼吸器・循環器疾患 および術前後
  • 悪性腫瘍
  • 摂食・嚥下障害のある疾患
  • 顔面神経麻痺

主な治療法

評価・診断

患者さんの病態や障害像を把握するために運動・高次脳機能や嚥下評価、電気生理学、機能画像を用いた評価を行います。

訓練・治療

  • リハビリテーション部門の療法士と協働し理学・作業・言語聴覚療法の訓練アプローチを行います。
  • 義肢装具作製、ボツリヌス療法を含めた痙縮緩和治療、侵襲的アプローチも含めた嚥下障害への治療を行います。
  • 脳血管障害の患者さんは、地域の連携病院とも提携し、関連施設での回復期リハビリテーションを継続していただくようにします(脳卒中地域連携パス)。
  • 上記標準的治療法のみならず、機能的電気刺激訓練、経頭蓋的磁気刺激、神経リハビリテーション(ニューロリハビリ)等の最新のリハビリテーション治療を駆使して、患者さんが社会・家庭の中で生き生きとした生活を再獲得し保持できるように支援をしていきます。

研究

  • シャルコー・マリー・トゥース病の診断・治療・ケアに関する共同研究を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • パーキンソン病の患者さんの臨床研究を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

スタッフ紹介

(平成30年4月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長・教授 和田 郁雄 小児、足・足関節、遺伝性疾患(シャルコー・マリー・トゥース病等)
の関節機能障害等
副部長・講師 植木 美乃 ニューロリハビリ、パーキンソン病、神経変性疾患
助教 三井 裕人 関節リウマチ、整形外科リハビリ
助教 村上 里奈 小児、整形外科リハビリ
助教 青山 公紀 外傷・脳卒中後のリハビリ、頭痛

外来担当者一覧



リハビリテーション科について詳しく知りたい方

リハビリテーション科では、特設サイトを運営しています。
リハビリテーション科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 リハビリテーション医学分野ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 リハビリテーション医学分野ホームページへ
(別ウィンドウで開きます)