グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


耳鼻いんこう科


ホーム > 診療科・中央部門紹介 > 診療科 > 耳鼻いんこう科


診療科部長からのメッセージ

市民のために高度な医療を提供することを信条としています。脳神経外科との共同で聴力や顔面神経機能を保存する聴神経腫瘍手術や顔面神経麻痺に対する薬物、手術治療に関しては国内有数の施設で、全国から患者さんが紹介受診されています。耳鼻咽喉科外来に頭頸部専用の3次元CTを導入し、診断や手術前ブリーフィングに活用しています。また人工内耳や慢性中耳炎(真珠腫を含む)に対しても積極的に手術治療を行うとともに、めまい・平衡障害に対しても診断・治療機器の開発やメニエール病の手術治療も行っています。耳鳴りに対しては全国に先駆けてTRT療法を導入し、嗅覚や味覚障害の研究、治療も行っています。また、近年、社会的にも注目されている睡眠時無呼吸症候群に対しても他施設と連携し治療を行っています。頭頸部腫瘍では音声、嚥下などの機能を温存した手術などを特色としています。近隣の診療所、愛知県下の医院、総合病院とタイアップして、地域医療を分担しています。

診療科の特色

耳鼻咽喉科・頭頸部疾患のすべてに対応できる診療体制を整えていますが、特に専門外来を設け、スペシャリストが担当し、積極的に取り組んでいる診療分野を以下に紹介します。

1.耳疾患

耳管機能障害 閉鎖症と開放症がありますが、開放症は一般診療では見逃されやすく、治療にも難渋する疾患です。当科では最新の診断機器を整備するとともに簡易治療法を独自に開発し、難治性開放症に対しては鼓膜や耳管に対する手術治療も積極的に行っています。
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎
難治性の慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎の手術治療を専門に行っています。当科における手術術式の特徴は外耳道を保存する鼓室形成術で、正常の外耳道を残すことで聴力の改善や術後のケアーが容易であることなどの利点があります。年間の手術件数は約50件です。
顔面神経麻痺 急性麻痺から1年以上経過した陳旧例まで、すべての麻痺を治療しています。急性麻痺に対しては、2週間以内は薬物治療を行い、電気生理学的検査にて早期に予後を診断し、重症で手術治療が必要な症例には減荷手術を施行しています。また、完治せず後遺症の残った症例には顔面の形成手術を施行しています。顔面痙攣などの異常顔面運動に対してもボトックッスなどの治療を行っています。年間患者数は約100例です。
聴神経腫瘍 脳神経外科や放射線科と連携し、いかなる大きさの腫瘍でも治療できるシステムを確立しています。特に手術では、聴力と顔面神経を保存する方法を早期に導入し、国内でも有数の手術成績を持っています。年間手術件数は約30件です。
人工内耳 先天性難聴や高度難聴者に対して聴覚を取り戻す唯一の手術として平成12年から取り組み、現在まで130余例に施行しています。人工内耳の機種としてはコクレア社とメドエル社のものを導入し、症例により使い分けています。また、当院では聴性脳幹反応(ABR)以外に、新生児難聴をより詳細に診断できる聴性定常反応(ASSR)の検査装置を他施設に先駆け導入し、新生児や幼児の正確な聴力評価を行い、人工内耳手術の適応を決めています。
めまい めまいの原因は多様で診断も容易ではありません。当科では独自に開発した頭位センサー付きのフレンツェル眼鏡を開発し、診断に用いています。良性発作性頭位めまい症であればより正確な部位診断が可能で,浮遊耳石置換法を中心に治療を行っています。メニエール病は薬物治療だけでなく難治症例に対しては手術治療も施行しています。
耳鳴り 耳鳴りのメカニズムは未だに解明されていないため、適切な治療がないのが現状です。当科では日本で始めてTRTという新しい治療法を導入し、臨床心理士と共同で重症度に応じた治療を行っています。

2.鼻疾患

慢性副鼻腔炎(蓄膿症) 薬物治療と内視鏡手術を主体に治療を行っています。
アレルギー性鼻炎 薬物治療、減感作療法、レーザー手術などを主体に治療を施行しています。
嗅覚障害 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、そして感冒後に生じるウイルス性の嗅覚障害に対して、正確な嗅覚検査を行い、薬物および手術治療を行っています。
鼻副鼻腔腫瘍
眼窩骨骨折(眼窩底骨折)
鼻涙管閉塞症
顔面皮膚切開を施行せず、内視鏡を用いて鼻内より行う最近の新しい手術を施行しています。

3.口腔咽頭疾患

咽喉頭異常感症 のどの奥に異物感のある症例の診断、治療に積極的に取り組んでいます。特に胃酸が食道へ逆流する胃食道逆流症に関連する咽喉喉頭異常感に対しては逆流の精密検査を施行し、胃酸の分泌を抑制する薬剤を中心とした治療を行っています。
味覚障害 亜鉛、鉄欠乏性、薬剤による味覚障害に対して、原因の精査や味覚検査を行い、原因と重症度に対応した治療を行っています。
音声障害 一側性反回神経麻痺、声帯萎縮に対し、喉頭ファイバーにて診断します。音声改善手術も行っています。
扁炎疾患 慢性扁桃炎、IgA腎症、扁桃病巣感染症に対し、腎臓内科と連携の上治療を行っています。

4.頭頸部腫瘍

良性腫瘍 耳下腺腫瘍や顎下腺腫瘍、甲状腺腫瘍、副咽頭間隙腫瘍、そして種々の頸部嚢胞性疾患に対して積極的に治療を行っています。特に耳下腺腫瘍や甲状腺腫瘍では手術中に神経モニタリングを行い、顔面神経や反回神経を損傷しにくいように努めています。
悪性腫瘍 上顎癌、咽頭癌、喉頭癌に対しては顔面の容貌や咀嚼、嚥下、発声などの機能をできるだけ保存する手術治療を採用しています。また、非手術的治療として放射線科医と連携して、抗癌剤による全身化学療法と放射線治療を併用し、日常生活におけるQOL(生活の質)を損なわない治療を積極的に取り入れています。

診療・治療に対する心がけ

先進的な医療を提供するとともに患者さんの立場に立って十分な話し合いのもとで治療方針を決定しております。また腫瘍においては特にQOL(生活の質)を重視した治療を心がけております。

主な疾患

顔面神経麻痺 顔面の動きが悪くなり、たとえばまぶたが閉じない、口から水が漏れるなどの症状があります。原因としてウィルス性が最も多く、帯状疱疹が耳周囲にみられることもあります。電気生理学的検査や聴覚検査を併用し早期診断早期治療がたいへん重要です。
聴神経腫瘍 内耳と脳の間に存在する神経に発生する腫瘍で、めまい、ふらつき、難聴(突然おこったり、徐々に進行することもあります)、耳鳴などの症状を伴います。MRIの普及もあり、早期診断される場合が増えております。手術治療、放射線治療が行われています。
突発性難聴 原因不明の突然おこる難聴で、耳鳴りやふらつきを伴うことがあります。有名な女性シンガーがなったことで広く知られるようになりました。ウィルスや循環障害などが原因として考えられていますが、特定されていないため早期に(できれば数日以内に)適切な治療を開始することが大切です。
高度難聴 新生児聴覚スクリーニングで発見されることが多い先天性の高度難聴や髄膜炎、メニエール病などの内耳疾患で中途失聴される方が対象となります。全く聞こえない、会話によるコミュニケーションができないといった状態で社会生活上大変な支障となります。
中耳炎 耳痛、耳漏(耳だれ)、難聴、耳鳴、めまい、顔面神経麻痺などが起こりえます。
耳管開放症 耳がぽーんとする、自分の声が大きく反響する、自分の呼吸している音が気になるなどの症状があります。妊娠中の女性や急に体重が減少した場合などにみられることが多い疾患です。
めまい 文字通りぐるぐる回るめまいやふらつき、気持ちが悪い(悪心、嘔吐)などの症状に難聴、耳鳴、耳閉感(耳がぽーんとふさがった感覚)を伴うことがあります。ひとことでめまいといっても原因はさまざまで、メニエール病や良性発作性頭位めまい症など平衡器官の異常からおこるものもあれば、小脳、脳幹などの中枢性疾患、循環器疾患、心因性などがあります。
耳鳴り 文字通り外で鳴っていない音が聞こえる状態で、難聴を伴うことが多いですが、全く難聴がない場合もあります。聴神経腫瘍などの中枢疾患や中耳・内耳疾患などの原因が明らかな場合と不明な場合があります。
アレルギー性鼻炎 いまや国民病との認識もある花粉症ですが、いわゆる鼻水、鼻づまり、くしゃみを3大症状としています。このほかにおわない(嗅覚障害)、集中力低下などの症状を伴うことがあります。
副鼻腔炎(蓄膿症) ちくのう症といわれていた疾患です。鼻漏、鼻閉、嗅覚障害、鼻出血などがあります。後鼻漏といって鼻からのどに分泌物が流れることも多く、慢性の咳やのどの違和感などの原因となっていることがあります。
扁桃炎、咽喉頭炎 のどの痛み、発熱、声嗄れ、咳、痰、息苦しさなどが起こりえます。慢性の扁桃炎ではIgA腎症や掌せき膿胞症、関節炎などと関連していることがあり、扁桃の治療でこれらが改善することがいわれています。また喉頭は気管につながる肺への入り口でこの部分の炎症がひどくなってはれると窒息することがあるため緊急性を要する病気のひとつです。このほかのどの違和感がつづく咽喉頭異常感症もあります。
頭頸部腫瘍 外耳、中耳、顔面皮膚、鼻・副鼻腔、舌、咽頭(上、中、下)、喉頭、甲状腺、唾液腺(耳下腺、顎下腺など)、頸部リンパ節など広い範囲に腫瘍(癌を含む)が発生しえます。それぞれで特徴的な症状もありますが、おおまかに疼痛、出血(じわじわと持続するようなもの)、腫れ、悪臭、慢性的な膿性分泌物などがあげられます。長年にわたる喫煙と飲酒、食生活の不摂生、虫歯放置などは舌癌、咽頭癌の危険が高くなります。当科では通常の内視鏡だけでなく特殊な光学内視鏡(NBI)を導入し、悪性腫瘍の早期診断に活用しています。

主な治療法

顔面神経麻痺 年間約100人の患者さんに早期予後診断を行うとともに、抗ウィルス薬やステロイドを用いた薬物治療や手術治療を施行し好成績を得ています。また、麻痺後遺症に対しては形成手術も行っています。
聴神経腫瘍 小さな腫瘍で聴力の良好な方には、術中モニタリング装置を用いて、聴力と顔面神経の機能保存手術を施行しています。年間手術件数は20~30件で、顔面神経の保存率は95%、聴力保存率は70%で、全国屈指の成績をあげており、県外からも多くの紹介患者が受診しています。
人工内耳 両側高度難聴の方を対象に2000年7月より人工内耳埋め込み手術を施行し約130名がその恩恵にあずかっています。1歳の子供さんから80歳の高齢者まで行い術後成績は良好です。
中耳炎 真珠腫性中耳炎や難治性のMRSA中耳炎にも重点をおいて治療しています。年間手術件数は約50件です。単純穿孔性中耳炎(鼓膜にあなが空いている)には数日の短期入院治療を行っています。
耳管機能障害 耳管開放症は難治性で、これまで適切な治療法がなかったが、01年より鼓膜にテープを貼る簡易治療法を独自に開発し、好成績を得ています。
めまい 300人以上/月の受診者があり、眼球運動解析装置とコンピューター解析を用いて診断を行っています。頭位性めまい症に対してはEpley法をはじめとする理学治療を第一選択に、メニエール病に対しては薬物治療以外に内リンパ嚢開放術や前庭神経切断術も施行しています。
耳鳴り TRT(Tinnitus Retraining Therapy)療法という治療を国内ではじめて取り入れました。教育的カウンセリングと音響治療で行います。必要に応じて心理面接も同時に行います。
アレルギー性鼻炎 日本アレルギー学会認定教育施設として認定医が治療を行っています。薬物治療以外に減感作療法(免疫療法)や重症例にはレーザー鼻粘膜焼灼術、後鼻神経焼灼術などの手術治療も施行し、高い有効性をあげています。
副鼻腔炎(蓄膿症) 内視鏡による低侵襲手術を施行し、嗅覚障害に対しても専門外来を設けています。
鼻副鼻腔腫瘍
眼窩骨骨折(眼窩底骨折)
鼻涙管閉塞症
内視鏡を用いて鼻の中より行う新しい手術を行っています。
頭頸部腫瘍 放射線と化学療法を併用した悪性腫瘍治療、手術治療を併用した進行悪性腫瘍治療、音声を温存する喉頭・下咽頭癌治療、下顎骨を切断しない口腔・舌・中咽頭癌、副咽頭間隙腫瘍手術などを重点的に施行しています。
咽喉頭疾患 咽喉頭異常感に対し、24時間pHモニター検査なども行い、消化器内科とも連携した、診断と治療を行います。
反回神経麻痺や声帯萎縮などが原因の嗄声に対し、手術治療にて、音声改善手術を行います。

スタッフ紹介

(平成28年6月1日現在)
役職 氏名 専門分野
部長・教授 村上 信五 顔面神経麻痺、聴神経腫瘍、真珠種、耳管機能障害
副部長・准教授 鈴木 元彦 アレルギー性鼻炎、嗅覚障害、鼻副鼻腔手術全般、
鼻副鼻腔腫瘍、眼窩骨骨折、鼻涙管閉塞症
准教授 中山 明峰 めまい、睡眠時無呼吸症候群
助教 高橋 真理子 耳鳴り、難聴、補聴器
講師 濱島 有喜 咽喉頭異常感症、中耳疾患、頭頸部腫瘍、音声改善手術
講師 中村 善久 アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害
助教 伊地知 圭 頭頸部腫瘍
助教 稲垣 彰 聴覚、中耳炎、人工内耳、耳管
助教 江崎 伸一 顔面神経
助教 蒲谷 嘉代子 めまい、耳鳴り、難聴

外来担当者一覧