グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・中央部門紹介  > 診療科  > 歯科口腔外科

診療科・中央部門紹介

歯科口腔外科

診療科部長からのメッセージ

歯科口腔外科 渋谷  恭之

当科では、かかりつけ診療所からご紹介頂いた患者さんを中心に診療を行っています。
主な診療内容は、口腔腫瘍、顎顔面インプラント、顎変形症、顎顔面外傷、顎関節疾患などであり、いわゆる入院を必要とするような歯、口腔、顎顔面領域の疾患に対する外科的な治療です。特に顎顔面インプラントについては、日本顎顔面インプラント学会指導医および日本補綴歯科学会指導医が担当し、骨造成から顎顔面補綴までを一貫として治療しています。一部の病態では保険診療が可能ですし、一般歯科診療所では治療困難とされるような難易度の高い症例にも対応を心がけています。その他、当院では口腔癌や顎変形症に対する外科的治療についても医科歯科連携を行いながら安心・安全な医療を提供する体制を整えています。ご不明な点は是非、担当医にご相談下さい。

専門領域

口腔外科疾患全般(特に口腔腫瘍{口腔がん}、顎顔面インプラント、顎変形症、顎顔面補綴、顎顔面外傷、顎関節疾患、口腔粘膜疾患など)

専門医

  • 日本口腔外科学会(専門医、指導医)
  • 日本顎顔面インプラント学会(指導医)
  • 日本障害者歯科学会(認定医)
  • 日本歯科保存学会(認定医)
  • 日本がん治療認定医機構(暫定教育医)
  • 日本口腔腫瘍学会(暫定口腔がん指導医)
  • 日本外傷歯学会(認定医)
  • 日本歯科麻酔学会(認定医・専門医)

診療科の特色

高度な医療技術の提供 悪性腫瘍に対する集学的治療
骨再生技術を応用したインプラント治療
顎骨欠損患者に対する咬合再建
3Dモデルを応用した顎変形症手術
(睡眠時無呼吸への外科的対応を含む)
大学病院の特長を
生かした医療の提供
全身疾患(高血圧、糖尿病、血液疾患や透析中など)がある場合には、関連する診療科と適切に連携を行い、入院して治療を行うなど安全にそして安心して治療を受けていただくことができます。
関連の診療科との
適切な連携
口腔領域の病気は、隣接する診療科はもちろん、全身的な疾患と関連している場合があります。
この様な場合には、症例検討を行うなど適切な協力関係で治療を行います。
口腔管理(口腔ケア)の取り組み 最近では、手術前や化学療法時、またICU入室中などにおいて、口の中の口腔管理を行うことで、術後の感染症や、化学療法時の口内炎、誤嚥性肺炎などの合併症を予防、または軽減できることが分かってきました。また、歯周病が全身に及ぼす影響(心内膜炎、動脈硬化、早産や低体重児出産、糖尿病など)も多く指摘されています。
当科では歯科衛生士を中心に医師や看護師などとの多職種連携のもとに口腔管理を行い、質の高い医療の提供に努めております。
教育研修施設としての
取り組み
当科は歯科医師卒後研修認定施設、日本口腔外科学会認定研修施設、日本顎顔面インプラント学会認定研修施設、歯科衛生士学校研修施設であり、医師、歯科医師、歯科衛生士の教育や卒後研修にも力を入れております。

診療・治療に対する心がけ

  • より良い医療の提供には努力を惜しみません。
  • 診療に対しては、十分説明を行います。ご理解と同意を得た上で安心して治療が受けられるよう充分配慮いたします。
  • ご紹介いただいた医院との連携(病診連携)を強化し、より良い医療、より高度な医療の提供に努めます。
  • 院内においては、関連する診療科との適切な連携、また症例検討会を行うなど、病院全体で治療にあたるという姿勢で取り組んでいきます。
  • 院内多職種医療チームに積極的に参加し、病院全体の医療の質の向上に努めます。

主な疾患

  • 口腔の腫瘍(良性腫瘍、悪性腫瘍:舌癌、歯肉癌、頬粘膜癌、口底癌など)
  • 歯や顎の欠損(顎顔面インプラント、顎顔面補綴を必要とする疾患)
  • 顎変形症(上下顎骨の形態的、位置的関係の先天的あるいは発育期の異常によって、正常な咬み合わせができず、顔面の変形をきたす疾患)
  • 口腔の嚢胞(歯根嚢胞、含歯性嚢胞など)
  • 顎顔面外傷(上顎骨折、下顎骨折、歯の脱臼、あごの脱臼など)
  • 顎顔面領域の炎症(智歯周囲炎、歯性上顎洞炎、蜂窩織炎、顎骨骨髄炎など)
  • 顎関節症(あごの関節雑音、開口できない、咬むと痛いなど)
  • 口腔粘膜疾患(白板症、口腔扁平苔癬、地図状舌、口内炎など)
  • 唾液腺疾患(唾液腺腫瘍、唾石症、粘液嚢胞など)
  • 埋伏歯、埋伏過剰歯
  • 有病者歯科疾患(全身疾患があり、全身管理を必要とする方の歯の治療など)

主な治療法

口腔悪性腫瘍
(口腔癌)
口腔癌は、部位により舌癌、歯肉癌、口底癌、頬粘膜癌、硬口蓋癌に分類されます。口腔領域における悪性腫瘍の約90%が扁平上皮癌で、舌に最も多く発生します。
治療法には手術、放射線療法、化学療法があります。
インプラント インプラン卜治療では、歯が欠損した部分の顎の骨に人工歯根を埋め込んで新しい歯をつくります。
インプラント治療では日帰り手術から、必要に応じて入院のうえ全身麻酔下での手術を行います。
当科では全身的な基礎疾患がある患者さんに対しても、他の診療科と連携しながら可能な限りインプラント治療を行う体制を構築しています。
顎の骨の量や形は被曝の少ない最新式のCTで詳細に精査し、手術内容はコンピューターでシミュレーションを行います。
顎の骨の量が少ないために他院でインプラント治療が不可能だと言われた患者さんに対しても、新しい骨再生技術を応用して可能な限りインプラン卜治療計画を立案します。
インプラン卜の埋入後は、おおよそ3~4 か月で人工歯を装着しますが、顎の状態によっては早期に人工歯を装着する場合があります。
術後は専属歯科衛生士による口腔管理を行いアフターケアにも力を入れています。 インプラン卜治療には多くの利点がある反面、手術が複数回必要な場合があり、治療期間が長く、保険が適応されないために治療費が高額になることもあります。担当医と十分に相談し、治療の利点・欠点を良く理解した上で治療を受けることをおすすめします。なお、一部の疾患では治療が保険で行える場合がありますのでご相談下さい。
顎変形症 治療の目的は、機能的に安定した咬み合わせを再構築することです(本治療により顔貌の審美的改善が認められますが、これを主目的とする場合は美容外科での治療をお勧めしています)。治療は、1)術前:歯列矯正(術前矯正)、2)手術:外科的治療(骨切り術、骨延長術など)、3)術後:後戻り防止や、咬合の調整のための歯列矯正(術後矯正)が必要となります。歯列矯正のみをお近くの歯科医院で行い、手術のみを当院で受けて頂くことも可能です。
顎関節症 口が開きづらい、顎が痛い、雑音がする、などの症状を呈する病気です。顎を動かす悪い癖や、歯ぎしり、ストレスなど、様々な原因が関連して起こると考えられています。
当科ではMRIなどで精査を行った後、不可逆的な治療は避け、悪習癖を改善するためのカウンセリング、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの内服治療やスプリント療法(上下の歯の間に入れる樹脂プレート)、そして上顎関節腔洗浄療法などの保存的治療を中心に治療を行っています。
埋伏歯、埋伏過剰歯 当科では日帰り抜歯から、必要に応じて入院のうえ全身麻酔下での抜歯を行っています。抜歯後の経過観察などは、かかりつけの歯科医院に依頼することも可能です。
全身麻酔下歯科治療 有意識下での歯科治療が困難な場合には、必要に応じて全身麻酔下での歯科治療を行っています。詳細については担当医にご相談下さい。

スタッフ紹介

(平成28年6月1日現在)

役職 氏名 専門分野
診療科部長 渋谷 恭之 口腔外科疾患全般(口腔腫瘍・顎義歯・インプラント・顎変形症など)
診療科副部長 土持 師 口腔外科疾患全般(顎顔面外傷など)
青木 尚史 口腔外科疾患全般(顎義歯・インプラントなど)
堀井 幸一郎 口腔外科疾患全般(インプラントなど)
宮本 大模 口腔外科疾患全般(顎義歯・インプラント・顎変形症など)
竹内 集 口腔外科疾患全般(歯内治療など)
横山 善弘 口腔外科疾患全般(睡眠時無呼吸など)
前田 道徳 口腔外科疾患全般
須藤 満理奈 口腔外科疾患全般
由地 伶 口腔外科疾患全般
佐藤 隼 口腔外科疾患全般
倉田 雅志 口腔外科疾患全般(インプラントなど)
千賀 靖子 口腔外科疾患全般(インプラントなど)
中西 由佳理 口腔外科疾患全般
高井 美玲 口腔外科疾患全般
森田 麻希 口腔外科疾患全般
宮田 佳苗 口腔外科疾患全般
古野 翔太 口腔外科疾患全般
高島 裕之 口腔外科疾患全般
横井 基夫 ※名古屋市立大学名誉教授
長江 麻帆 歯科麻酔

外来担当者一覧

外来診察日ならびに担当医師についてはこちらをご覧ください。


歯科口腔外科について詳しく知りたい方

名古屋市立大学大学院医学研究科 口腔外科学ホームページ

歯科口腔外科では、特設サイトを運営しています。
歯科口腔外科についての詳しい内容は、
名古屋市立大学大学院医学研究科 口腔外科学ホームページを参照ください。

名古屋市立大学大学院医学研究科 口腔外科学ホームページ
(別ウィンドウで開きます)