グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


歯科口腔外科からのお知らせ


ホーム > お知らせ > 歯科口腔外科からのお知らせ

感染拡大時の歯科口腔外科における診療制限に関するお願い
              
新型コロナウイルスの波状的な感染拡大に伴い、口腔外科での手術や処置による院内感染のリスクが増大する懸念があります。そこで当科では感染拡大時において、緊急性のない診療や手術の制限を以下のように行う場合がありますので、
ご理解とご協力のほどをお願い申し上げます。

当科の対応として
① 予定手術に関して
緊急に対応すべき疾患(悪性腫瘍、急性感染症、外傷など)を除き、待機可能な疾患(例えば埋伏智歯、顎骨嚢胞、インプラントなど、ただし急性症状のあるもの等は除く)では可能な限り手術を延期します。
既に手術予定の方についても現状をご説明し、手術を延期して頂くようお願いします。

② 診察に関して
歯科治療で使用する器具(口腔ケアを含む)については、緊急性のあるものを除いて中止や延期を行います。またそのような機器を使用しない疾患でも症状が安定している場合には、予約の延期や予約の間隔を空けるなどの対応をとることがあります。
初診については新型コロナウイルス感染の疑い(発熱、咳、味覚障害などの症状や、14日以内の海外渡航歴など)の有無にかかわらず、緊急性のないものについてはお断りする場合があります。
一方、緊急を要する、またはその可能性のある疾患(悪性腫瘍、急性歯性感染症、外傷など)については、新型コロナウイルス感染の疑いの有無にかかわらず、可能な限り診察させて頂きます。ただし問診ご記入の段階で新型コロナウイルスの感染の疑いがある場合には、隔離施設に移送する場合も想定されます。

上記の場合、手術等の予約は新型コロナウイルス感染の終息を待って、改めて実施致します。その際、手術を延期した患者さんにつきましては優先的に対応する予定ですが、新型コロナウイルス感染の終息が見通せない中、今後の医療体制については大きな混乱が予想されます。再予約の時期に関しましても、ご期待に沿えない場合がありますのでお含みおき下さい。なお今後も社会情勢の変化によっては上記診療体制を変更することが想定されますので、予めご了承ください。