グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


炎症性腸疾患に関する医療講演会


ホーム > ご利用案内 > 公開講座・セミナー情報 > 炎症性腸疾患に関する医療講演会

炎症性腸疾患(潰瘍性⼤腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病など)に関する最新の情報や治療法、当院の取り組みなどについてご紹介します。

実施要領

日時 平成29年11月19日(日) 10時30分~12時10分
会場 病棟・中央診療棟 3階 大ホール
フロアマップはこちら
内容 司会:消化器内科 講師 溝下 勤
  • 炎症性腸疾患の診断から治療(カルプロテクチン、ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡)
      消化器内科 片野 敬仁
  • 炎症性腸疾患の栄養・食事療法
      医事課栄養管理係 寺西 絵美
  • 潰瘍性大腸炎の最新の治療について
      消化器内科 助教 尾関 啓司
  • 新たに保険収載されたクローン病の新規治療薬
      消化器内科 講師 溝下 勤
参加費 無料(先着300名)
申込み 不要(当日、直接会場にお越し下さい)
連絡先 名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器・代謝内科学
Tel:052-853-8211
※受付時間 平日8時30分~17時00分