グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


第7回 地域連携セミナー「『がんとともに働く』ということ」


ホーム > ご利用案内 > 公開講座・セミナー情報 > 第7回 地域連携セミナー「『がんとともに働く』ということ」

日本人の二人に一人はがんになる時代です。そして、がんと診断されたために仕事を辞める人の割合は、3割を超えると言われています。
がんと診断を受けたとき、「自分は死んでしまうのか」「今までの生活はどうなってしまうのか」「仕事を続けられるのだろうか」「職場にはなんて言おう」「治療費はどれくらいかかるんだろう」など、さまざまな心配が一気に押し寄せてきます。しかし、がんと告げられたら、仕事は続けられないのでしょうか。治療と仕事をうまく両立している人は、どのように工夫しているのでしょうか。そして医療者は、混乱する患者さんに何を支援できるのでしょうか。
本講演では、がんの診断や再発・病状進行のときなどポイントをおさえ、 事例をふまえてがん患者さんの就労支援をご紹介します。
がんとともに働くことに関心のある市民の皆様、保健医療福祉職の皆様のご参加をお待ちしています。

実施要領

日時 令和元年7月27日(土)13:00~15:00 受付12:30~
会場 名古屋市立大学看護学部 308講義室
内容 講演「『がんとともに働く』ということ」
講師:名古屋第二赤十字病院 がん性疼痛看護認定看護師 室田 かおる 氏
参加費 500円(資料代)
定員 100名(応募期間:4月中旬~7月11日)
申込み いずれかで手続きをお願いします。

1.ネット申込:下記の「名古屋市電子申請サービス」から申込ください。
 パソコン、携帯からの申込はこちら
2.FAX申込:下記の参加申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAX番号に送信してください。
連絡先 名古屋市立大学 看護実践研究センター
Tel:052-853-8042
※受付時間 平日9時00分~16時00分
(不在時)052-853-8037