グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


がんゲノム外来



名古屋市立大学病院は、2018年4月に厚生労働省より「がんゲノム医療連携病院」に指定され、2018年10月より「がんゲノム外来」を新たに開設致しました。
「がんゲノム外来」とは「がんゲノム医療」を希望される患者さんを対象とした、診療科の枠組みを超えた専門外来です。

がんゲノム医療について

「がんゲノム医療」とは、患者さん毎にがんの原因を明らかにし、より適した治療薬を選択する次世代のがん治療です。異なる臓器のがんであっても同じ遺伝子に変異がある場合や、同じ分子標的薬が有効な場合があることが最近わかってきました。このような状況のなか、100以上のがんに関連する遺伝子を1回の検査で網羅的に解析し、抗がん剤の選択に役立てる遺伝子パネル検査等をスムーズに行えるような体制を整えました。
当院が厚生労働省より指定を受けた「がんゲノム医療連携病院」とは「がんゲノム医療中核拠点病院」と医療連携を図り、患者さん毎の様々ながんに関して遺伝子情報の解析等を行い、臨床遺伝学を含む各分野の専門家の先生方との協議を経て、患者さんに最適な治療の提案と提供をすることを目的としています。
がんゲノム外来はそれらをご希望される患者さんの窓口となる外来であり、ゲノム医療に関する専門家の先生の診察を通じて、各種悪性腫瘍に関連する遺伝子パネル検査等の提供の提案等をさせていただきます。
なお、遺伝子パネル検査の結果や各分野の専門家の先生方による分析の結果、患者さんがご希望するような治療等が見つからない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※当院は、京都大学医学部附属病院、慶應義塾大学病院、国立がん研究センター中央病院、名古屋大学医学部附属病院の連携病院です。

がんゲノム医療につきましては、厚生労働省の資料もご参照ください。

がん遺伝子パネル検査について

OncoGuide™NCCオンコパネルシステム

国立がん研究センター中央病院とSysmex株式会社が共同開発した遺伝子パネル検査です。
「OncoGuide™ NCCオンコパネル 解析プログラム」と「OncoGuide™ NCCオンコパネル キット」より構成されるコンビネーション医療機器で、次世代シークエンサーと組み合わせて使用されます。
腫瘍組織から114のがん関連遺伝子に関するプロファイルを取得し、遺伝子異常データベースと照合して得られたアノテーション情報を付与します。

FoundationOne CDx

中外製薬と同じロシェグループのファウンデーションメディシン社(米国)が開発した遺伝子パネル検査です。
次世代シークエンサーを用いた網羅的がん関連遺伝子解析システムです。患者さんの固形がん組織から得られたDNAを用いて、324の遺伝子における塩基置換、挿入/欠失、コピー数異常および再編成の一括検出、ならびにマイクロサテライト不安定性(Microsatellite Instability:MSI)や腫瘍の遺伝子変異量(Tumor Mutational Burden:TMB)などのバイオマーカーを検出します。

上記のいずれも2019年6月1日より、厚生労働省で保険診療としての実施が認められており、高額療養費制度が適用できます。

検査費用 検体を準備する日(検査同意日)8,000点(3割負担で24,000円)
     医師から検査の結果説明を受けた日48,000点(3割負担で144,000円)

OncoPrime(オンコプライム)

京都大学と企業が共同開発した遺伝子パネル検査です。
以前は、京都大学医学部附属病院にご来院いただく必要がございましたが、名古屋市立大学病院で検体を準備して直接開発元企業へ搬送することで、患者さんに京都大学医学部附属病院にお越しいただかなくても実施できるようになりました。
オンコプライムでは200を超えるがん関連遺伝子で起こっている遺伝子変異を一度に調べる事ができます。得られた遺伝子変異の結果から、がんの診断や治療に役立つ情報がないか最新の情報技術を用いて解析を行います。検査の結果から見つかる薬剤の中には、国内では未承認で臨床研究中の薬剤や保健適応外の薬剤も含まれます。
保険収載や先進医療として厚生労働省からの承認がされていませんので、ご希望されてオンコプライムの検査実施に関してご同意いただいた段階で、オンコプライムの検査費用以外も含むすべての診療行為が全額患者さんの自己負担になります。

<検査費用 約90万円(自由診療)>
オンコプライムにつきましては、下記の京都大学医学部附属病院のホームページもご参照ください。
京都大学医学部附属病院のホームページ

外来医師担当表

最終更新日: 2019年9月1日
曜日 時間 担当
火曜日(第1・第3・第5) 9時00分~12時00分 田中靖人 教授
水曜日(第2・第4) 13時00分~16時00分 小松弘和 教授

受診できる方

  • 医師からがんゲノム医療についての説明をご希望される患者さん
  • 遺伝子パネル検査をご希望される患者さん
注1)当院で治療中でない方も受診できます。
注2)治療暦や現在の全身状態等により、遺伝子パネル検査をお受けいただけないこともございます。また、この場合であっても、所定の診察料をご負担いただくことになります。

診察内容

がんゲノム医療について詳しく知りたい患者さん、がんゲノム医療をご希望される患者さんに、以下のような診療を提供いたします。
  • がん遺伝子パネル検査の紹介と実施
  • がん遺伝子パネル検査の実施結果に基づく推奨される治療の説明や提案
  • がんゲノム医療に関する遺伝カウンセリング


受診の方法

がんゲノム外来は完全予約制です。
受診をご希望される方は、以下のがんゲノム外来相談窓口まで事前に電話でのご連絡いただくか、直接お越しください。
電話でのご連絡は、本ページ最下部のお問合せ先をご参考下さい。
がんゲノム外来受診に初めてご相談いただいた日の受診はお応えできかねますので、ご了承ください。


がんゲノム外来相談窓口:病院1階 がん相談支援センター(患者相談室)
            052-851-5511 ※左記の代表番号からおつなぎいたします。

専門の相談員より、受診の概要等のご説明をさせていただきまして、その上で受診をご希望された際は、後日改めて受診日をお知らせさせていただきます。

※1
相談をご希望されるがん種について、当院での治療暦等がない患者さんにおかれましては、事前にこれまでの治療の経過がわかるような、診療情報提供書、CT・MRI等の画像データ、血液検査データ等を現在治療を受けている主治医より提供していただくことが必要です。
また、診療データ等をご持参いただきました場合でも、当院において改めて検査等を受けていただく(遺伝子パネル検査以外)こともございますが、ご了承ください。
※2
遺伝子パネル検査をご希望された場合、検査の同意をいただいてから結果をお知らせするまでは、一定の期間を要します。

受診料金

保険診療です。提供させていただく医療行為は診療報酬点数に基づいてご請求させていただきます。
ただし、オンコプライムをご希望された患者さんにつきましては、オンコプライムの検査に関する同意をされた
時点から自由診療とさせていただきます。

お問い合わせ先

名古屋市立大学病院 がん相談支援室(がん相談支援センター)
場所:病棟・中央診療棟1階 患者相談室内
時間:9時~12時・13時~16時(土日祝・年末年始を除く)
連絡先:052-851-5511(代表)からおつなぎいたします