グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 患者さん・一般の方へ  > 母体血胎児染色体検査の診察を希望される方へ

患者さん・一般の方へ

母体血胎児染色体検査の診察を希望される方へ

母体血胎児染色体検査の診察を希望される方へ

1.対象の方
・「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」(関連5学会)で定める染色体
 異常に関する適応で以下のいずれかの方(複数可)。
  ① 夫婦いずれかがロバートソン型転座保因者で13・21トリソミー児の出産をする可能性ある場合
  ② 染色体異常症に罹患した児を妊娠、分娩した既往を有する場合
  ③ 高齢妊娠(出産時に約35歳以上)の場合
  ④ 胎児超音波・母体血清マーカー検査で、胎児染色体異常の可能性のある場合
 この検査の適応については、かかりつけの医師にご相談ください。
 電話での判断はできません。

・妊娠10週~15週(できれば12週~14週)に行う検査です。(双胎妊娠も可能)
 この妊娠週数に検査が可能な方。
・遺伝カウンセリングを施行され、本人と夫(またはパートナー)が連絡先を記載し、その説明同意書
 にサインされた方。
・結果説明後と検査約1年後のアンケート用紙に回答ができる方。
 なお、携帯電話・自宅などへ連絡することもあります。

2.受診方法
・この検査を希望される方は、3回の受診が必要です。この検査に関わる受診は、全て自費診療です
なるべく妊娠11週未満までに、下記の<第1回目受診:産科婦人科初診>を済ませてください。
また、この検査に関する診察は混雑しており、下記の<第2回目受診>の予約が
 取れないこともあります
・予約をされた場合でも待ち時間が長くかかることがあります

・当科には様々な疾患の患者さんが受診されています。お子様連れの受診はご遠慮いただいておりますので
 ご了承ください。

<第1回目受診>
 ・産科婦人科初診(月曜から金曜の8:30~11:00までに受付。11:00以降はいかなる場合も受け付け
  いたしません。)を受診し、紹介状を持参のうえお越し下さい。
  (紹介状がない場合、本検査は受け付けいたしません。)
 ・初回受診時に、遺伝カウンセリング(月曜日・木曜日の午後)の予約をとります。
  あらかじめ夫(またはパートナー)と、妊娠12週~14週のうち来院できる月曜日・木曜日のうちの数日を、
  受診予定の候補日として確認してからお越しください。
 ・「初診予約」は、かかりつけの医療機関からのみ申し込むことができます。
  詳しくは紹介患者予約(別ウインドウで開きます)をご覧ください。
  妊娠10週6日までに初診を受けられない場合は、予約をお断りする場合もありますのでご了承ください。
  当日の予約なしで受診いただくことも可能です。
 ・母子手帳と妊婦健診公費券を持参してください。
  (愛知県外の方は公費券が当院で使用できるか、お住まいの市町村役場で確認してください)

<第2回目受診>・・・妊娠12週~14週の頃です。
 ※第1回目の受診は、これより前に受診してください。この第2回目受診は、産科婦人科の初診時に
  予約を取ります。
 ・臨床遺伝医療部(基本的に月曜日・木曜日の午後)にて遺伝カウンセリングをおこないます。
  (本人と夫(またはパートナー)での受診が必要です。本人のみでの受診はできません。
 ・カウンセリング後に採血を行います。

<第3回目受診>
 ・検査結果のご報告をして、アンケート回収をします。
  「判定保留」のときは再検査、「陽性」のときは羊水染色体検査(同意書や費用は別途)を必須とします。
 ・「陰性」の方は、出産後にアンケート回答をお願いします。

3.費用
 ・約15万円(採血の当日にご持参下さい。)

4.お問い合わせ
 ・電話番号:052-851-5511(代)まで
 ・受付時間:火曜日・水曜日・金曜日 15時30分~16時30分まで
       ※月曜日・木曜日は診療・検査の都合上、対応いたしかねますのでご了承ください。
       ※「この検査の対象か否か」や「予約の空き状況と予約が可能か否か」については
        お答えできません。
       ※羊水検査についてのお問い合わせは、第1回目の受診時(産科婦人科初診時)にご確認ください。

関連リンク


【当院について】

初めてご来院される方へ

初診の流れ

○診療科・中央部門紹介 産科婦人科

○診療科・中央部門紹介 臨床遺伝医療部

○各科 外来担当医師一覧


【外部の機関】

○NIPTコンソーシアム ホームページ http://nipt.jp/

○日本医学会 ホームページ http://jams.med.or.jp/